日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:100いいね!

    貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。 (シェイクスピア)

    妬み嫉み逆恨み、他人を悪く言う人にとってネタには事欠きません。
    必ず批判者はあらわれます。

    政治家にでもなりたいなら別ですが、他人の評価は気にし過ぎても自分の神経をすり減らすばかりでロクな事はありません。
    人というのはそういうものだと割り切ること大切です。

    私はそう思います。



     

    幸福は自己の欲望を満足させることによってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。 (ヘレン・ケラー)

    最近はまっている海外ドラマのクリミナル・マインドで出てきた言葉です。
    ヘレン・ケラーの言葉なんですね。この人も名言多いですよね。

    閑話休題

    自分の欲望を満たして得られる満足感は長続きしません。
    満たされると、次はそれ以上の満足が欲しくなり、尽きることがありません。
    価値ある目標に向かって行動することで得られる充実感こそが、本当の幸福への近道なのだと思います。

    私はそう思います。

    ヘレン・ケラー 光の中へ
    ヘレン ケラー
    めるくまーる
    1992-10

     

    安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。
    現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。
    危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。
    人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。
    (ヘレン・ケラー)

    どちらを選んでもリスクを無にすることは出来ません。
    優先順位の決定に必要なのは分析ではなく勇気だと言ったのはドラッカーですが、 このヘレンの言葉も同じような示唆を与えてくれます。
    何を選んでもリスクをセロにすることは出来ないのです。

    この言葉ではどちらを選ぶべきかは答えていませんが、充実した生を求めるなら・・・
    私はそう思います。

    ヘレン・ケラー 光の中へ
    ヘレン ケラー
    めるくまーる
    1992-10


     

    人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。 (アインシュタイン)

    求める側よりも、与える側になりたいものですね。
    色々と。

    日に新たに、日々に新たに。
     
    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31

     

    このページのトップヘ