日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:100いいね!

    他者への敬意は人を人たらしめる唯一の基準です。 (新城直衛/皇国の守護者2)
    「互いに忠誠の対象は異なっているが、だからと言って、貴官に対する軍人としての敬意がいささかでも薄れることはない。そうしたものだ。それが我々が守るべき最後の一線ではないか?」
    「最後の一線」 新城は同意した。
    「かもしれません、大佐殿。他者への敬意は人を人たらしめる唯一の基準です。そしてそれは実績と信頼に依拠します。」
    他者への敬意を持てない人はいろんな意味で残念と言うほかありません。
    自戒を込めて。
     

     

    人は進んで止まぬが世の常であるから、結局現状維持は、取りも直さず、自分が退歩する勘定になるのである。 (渋沢栄一)

    世の中は常に動いています。
    自分では現状維持しているつもりでも、前に進むことを止めてしまったら周りに置いて行かれてしまいます。
    つまり、現状維持しているつもりでもどんどん世の中に取り残されてしまうのです。

    現状維持するためにも、前に進むこと、変化を続けることが重要なのです。
    私はそう思います。


     

    いかなる時でも、お辞儀はし足りないよりも、し過ぎたほうがいい。 (トルストイ)

    実るほど頭をたれる稲穂かな、と言う言葉がありますが、だいたい似たような意味ですね。
    尊大よりは謙虚な方が無用な敵を作らずに済むものです。

    わかってはいても、なかなか難しいんですよね。

    自戒を込めて。



     

    あまり多くを求めないことだ。とくに他人に対しては。 (レオ・ロステン)

    まったくもってその通りだと思います。
    いや、ホントに。

    新イディッシュ語の喜び
    レオ ロステン
    大阪教育図書
    2013-06

     

    貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから。 (エリノア・ルーズベルト)

    カーネギーか何かを読んでいた時に出てきた言葉ですが、ルーズベルト大統領夫人の言葉だそうです。
    やってもやらなくても非難されるのだから、正しいと思うことをやれば良い、と言うアドバイス。

    私もそう思います。 


     

    このページのトップヘ