日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:松下幸之助

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    万策尽きたと思うな!自ら断崖絶壁に立て。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。 (松下幸之助)

    物理的に断崖絶壁に立ってみるというのも、意外と刺激があってオススメです。
    そのまま飛び込みたくなる誘惑と戦う必要があるのでホントに追い込まれているときは注意が必要ですが。

    それはさておき、壁や難題に当たったとき、自らを追い込むことで新たな視点や発想が出てくることも少なくありません。
    背水の陣じゃないけど、やはりリスクをとらない成功は難しいんじゃないかと思います。

    行き詰まりを感じたら敢えて難しい道に挑戦してみる。
    時にはそれもアリなんじゃないかと思います。

    自戒を込めて。

    ちなみに、この言葉は宇宙兄弟の新刊29巻で深いクレーターに降りようとしているムッタがAIロボットのブギーに「勇気の出る言葉はない?」と聞いて返ってきた言葉から。
    宇宙兄弟、面白いですね。
    image



     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    山は西からも東からでも登れる。 自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。 (松下幸之助)

    目的地は同じであっても、そこへ至る道は1つではありません。
    手段だって、歩くのか走るのか自転車なのか車なのか飛行機か、いくつもの手段があります。

    人は経験や知識から最適(と思い込んだ)解を選びますが、それが正解とは限りません。
    正解の1つかも知れませんが、唯一の正解というワケではないことの方が多いのです。

    行き詰ったとき、障害に当たったとき、単に諦めるのではなく、別の方法はないか、違う考え方は無いか、探してみると意外に道は開けるものです。

    大事なのは目的を諦めないこと、手段に対して柔軟になること。
    私はそう思います。

    自戒を込めて。



     

    毎日が新しく、毎日が門出である。 (松下幸之助)

    同じようなことは多くの人が言ってますが、松下翁の言葉だと思うと有り難味が増す気がしますね。

    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。
    と言うことで。


     

    みな心持ひとつ、ものの見方ひとつである。 (松下幸之助)

    世の中に幸も不幸もない、考え方でどうにもなるものだ。
    と言うことですね。






     

    一番良いのはやはり並足で、カメのごとこく一歩一歩着実に歩むことではないかと思う。 (松下幸之助)

    焦らず、慌てず、確実に。
    無理はしない方が良い。
    と言うことだと思います。

    ゴールに向かって一歩一歩、着実に進んで行きたいものです。
     
     

     

    このページのトップヘ