日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:映画

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    やるか、やらないか。やってみるなんて言葉は存在しない! (ヨーダ/スターウォーズエピソード5帝国の逆襲)

    うまくやれそうかどうか試してみることを「やってみる」なんて言いますが、でも、それって結局「やる」って事ですよね。
    どのぐらい本気かだけの問題で。

    なので、物事はやはり「やるか、やらないか」しかないんですよね。

    そして、どうせやるなら本気でやった方が成功する確率は高くなります。
    やってみる、なんて心構えでは、本当は出来ることでも上手くいかない可能性が高まります。

    やるか、やらないか。
     
    それが大事なのだと思います。
    自戒を込めて。

    スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション [DVD]
    マーク・ハミル
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    2006-09-13

     

    希望は良いものだよ。多分最高のものだ。良いものは決して滅びない。 (ショーシャンクの空に)

    先日、久しぶりに「ショーシャンクの空に」を見ました。
    学生時代に観て以来なので10年以上振りですね。
    やっぱ名作です。

    作品の感想はさておき、今日の言葉は、作品の終盤、ほとんどエンディングに近い部分で
    アンディがレッドに宛てた手紙の中の言葉です。
    諦めない姿勢と言うのがとても重要なのだと、そう語りかけてる気がします。

    個人的に、希望を失うことはありませんが、歳をとるにつれて復活までに時間が掛かるようになった気はします。
    でも、良いものは滅びないのです。

    ショーシャンクの空に [DVD]
    ティム・ロビンス
    ワーナー・ホーム・ビデオ
    2010-04-21


     

    明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない。 (ゴースト ニューヨークの幻)

    あまりの人気にドラマ版やリメイク版もでた有名な映画『ゴースト』の中のセリフ。

    「明日頑張ろう」と言う人は多いのですが、『明日』は今日の結果です。
    つまり、明日頑張るためには、今日を頑張らなければいけないのです。

    「明日頑張ろう」と言って良いのは『今日頑張った人』だけなのです。
     「 明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない。」のです。

    ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]
    パトリック・スウェイジ
    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
    2011-04-28

     

    人生に必要なもの、それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。 (チャーリー・チャップリン)

    喜劇王チャップリンの言葉。
    一時期、CMなどでも使われていたので聞いたことのある人も多いかもしれません。
    解説の必要もないほどシンプルですね。

    お金があれば大抵の問題は解決できますが、お金だけですべては手に入りません。
    やはり重要なのは勇気と想像力なのだと思います。
    ビジネスで成功する(=お金を稼ぐ)のに必要なものも、勇気と想像力なのですから。


    ライムライト (2枚組) [DVD]
    チャールズ・チャップリン
    紀伊國屋書店
    2010-12-22

     

    道を知っていることと、実際にその道を歩くことは違う。 (モーフィアス/マトリクス)

    知っているのと、出来るのは違います。
    実際に行動することで、色々な発見や気付きもあります。

    知識を身につけ、情報を集めて確度を上げることで、不安を軽減することはできますが、絶対と言うものは存在しません。
    特に人生においては、数学や理科の実験とは異なり、環境や条件によっては予想しない結果になることもあります。
    しかし、行動に移さなければ、望む結果は得られません。

    知っているだけで満足していては、何も手に入れることは出来ません。
    不安を乗り越え、実際に行動に移すことが重要です。
    私はそう思います。

    マトリックス 特別版 [DVD]
    マトリックス 特別版 [DVD] [DVD]
     
     

    このページのトップヘ