日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:勝海舟

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。 (勝海舟)

    勝先生は1823年3月12日(文政6年1月30日)生まれだそうです。
    と言うことで勝先生の言葉を選んでみましたが、、、

    ごめんなさい。
    ホント耳が痛いです。


    活学新書 勝海舟修養訓
    石川真理子
    致知出版社
    2016-03-22


     

    行動は己のもの、批判は他人のもの、俺の知ったことじゃない。 (勝海舟)

    いや、ホント。
    私もそう思います、勝先生。

    他人の評価や評判を気にしていたらつまらない生き方しか出来ません。
    わざわざ敵を作る必要もありませんが、取り入って気に入られようとする必要もありません。
    人間、すべての人と気が合うなんて事はないのですから。

    私はそう思います。

    氷川清話 (講談社学術文庫)
    氷川清話 (講談社学術文庫) [文庫]
     
     

    生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤がある。 (勝海舟)

    生業とは今で言う職業のこと。
    職業に貴賎はないけど、生き方には貴賎がある。

    どのような職業であれ、誇りをもって仕事をしていれば尊敬するに値します。
    とは言え、一般に眉をひそめられそうな職業の人たちの多くは、周りの人たち以上に自分で自分を卑下している事が多い気がします。
    そんな状態だから仕事(=生き方)も不真面目、ますます周りからも自分からも卑下される、悪循環ですね。

    孟子も「人必ず自ら侮りて然る後に人これを侮る」と言っています。

    どんな職業仕事であっても、やるからには全力で事に当たりたいものです。
    だって、自己実現は仕事を通じてでしか成しえないのですから。
    私はそう思います。
     
    氷川清話 (講談社学術文庫)
    氷川清話 (講談社学術文庫) [文庫]

     

    このページのトップヘ