日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:マザー・テレサ

    何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。 (ケント・M・キース)

    マザー・テレサの逆説の10ヶ条から。

    実際に失ってしまうと、再起にはかなりの気力を要するのですが、、、

    それでも、失うことを恐れて何もしないのは「自分自身に対する背信」だと言えます。
    私はそう思います。


     

    人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。 (ケント・M・キース)

    マザー・テレサの逆説の10ヶ条から。

    判官贔屓というのは日本人だけでなく、どこの国でも人間一般的な傾向の様ですが、だからと言って、実際に弱者のために力を貸そうという人間は決して多くはないのです。

    まあ、マザー・テレサのような宗教家でもなければ、守られるべき弱者かどうかの判断にはケースバイケースで一考の余地はあると思いますが。
    それでも、弱者のために尽力するのは、たとえ偽善と言われてもやらないよりはやった方が良いのです。

    私はそう思います。



     

    最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。(ケント・M・キース)

    マザー・テレサの逆説の10ヶ条から。

    他人の足を引っ張り、妬み嫉みで背中を撃つのはいつだって小人物なのです。
    いつだってそうです。間違いない。




     

    正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。 (ケント・M・キース)
    マザー・テレサの逆説の10ヶ条から。

    一般的に言って、正直というのは長所であり、率直というのは美徳の1つではあります。
    難しいからこそ長所であり美徳なんでしょうね。

    自戒を込めて。
     

    今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。 (ケント・M・キース)

    マザー・テレサの逆説の10ヶ条から。

    目的は手段を正当化する(マキャベリ)と言いますが、誤った目的を手段で正当化することは困難です。
    潔癖な人たちに言わせれば見返りを求めて行う善行は偽善でしかないと言うこと。

    それでも善行であるならば、やらないよりはマシだと私は思います。


     

    このページのトップヘ