日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:ドラッカー

    企業にとっての第一の責任は、存続することである。 (現代の経営/P.F.ドラッカー)

    カカトコリ師匠をはじめ何人かのFacebook友達がFacebookでシェアしていた投稿記事(国税庁の2005年のデータ)によると、5年で85%、10年で94%の法人が消えていくそうです。
    法人成りしてない個人事業の起業廃業を含めると、実際の数字はもっと厳しそうですね。

    私は何とか今年10年を迎え6%の仲間入りをしますが、思い返せば確かに存続させることが如何に難しいか、身に染みてしまいます。
    「継続は力なり」は個人だけでなく組織(法人)においても同じく重要なのだと、そう思います。
    目指せ次の10年!


    ドラッカー名著集2 現代の経営[上]ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
    (2006/11/10)
    P.F.ドラッカー

    商品詳細を見る

    短期の利益を捻出するために支出を削減することは、将来のキャッシュフローを放棄することにほかならない。 (ドラッカーと会計の話をしよう/林總)

    その支出は経費なのか投資なのか、と言うことだと思います。
    国やお役所がやってる予算の一律カットなどは愚の骨頂と言うことですね。
    そして、経営者としては単に経費か投資かではなく、経費で終わらせないお金の使い方を意識することも大事だと思います。

    と最近の予定外の支出に対して言い訳してみる。

    ドラッカーと会計の話をしようドラッカーと会計の話をしよう
    (2010/09/22)
    林 總

    商品詳細を見る

    個人も、会社も、お金は目指す目標を実現するために使わなくてはならない 。(ドラッカーと会計の話をしよう/林總)

    とりあえず、消費と投資を間違えてはいけないと解釈してみた。


    ドラッカーと会計の話をしようドラッカーと会計の話をしよう
    (2010/09/22)
    林 總

    商品詳細を見る

    元ネタは判りません。ドラッカーか何かかな?
    最近参加した複数のセミナー(講師も主催も異なる内容です)で、皆さん同じような話をされます。
    要は、目標を決めることが大事だよ。と言う話なワケですが。

    実際、私の周りでも目標がない、やりたいことはあるんだけど目標が曖昧だから行動が場当たり的。
    そんな人が多い気がします。
    だから起業しても失敗したり10年経っても個人事業のままなんだよ、と。
    面と向かっては言えませんが、そう言う事だと思います。
    もちろん、目標だけでなく努力や運も必要ですが。

    でも、努力をしても目標がハッキリしてなければ、どこに向かって努力をすれば良いのか判りませんよね。それってとても効率が悪いですよね。
    そのうち「こんなに頑張ってるんだから何とかなるだろう」みたいな自己満足に陥って、気付いたときにはすでに手遅れ。
    ダメになった理由も判らず運が悪かったとか不況にやられて、なんて言い訳をするのが関の山です。

    昔読んだドラッカー関連の書籍(書籍名は忘れましたが)でみた言葉ですが、
    『あなたは何によって知られたいか』
    と言う問いはとても衝撃的でした。
    確か、ドラッカーが若い頃、牧師だか神父だかに言われた言葉だったと思いますが、「どこまで行きたいのか」とか「どういう風になりたいのか」と言った話題に逢うたびにこの言葉を思い出します。
    「何によって知られたいか」とは、そのまま「どこまで行きたいのか」に通じるからだと思います。

    実際、小事は目前の仕事から大事は経営、人生設計に至るまで、目標を定めると言うのはとても重要です。
    内容にも拠りますが、5年10年後には必ず大きな差となって現れます。
    なぜなら、人間は行きたいと思ったところまでしか行けないからです。


    もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
    もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
    クチコミを見る


    このページのトップヘ