日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:ドラッカー

    あらゆる組織が、自らの事業についての定義をもたなければならない。 (P.F.ドラッカー/『チェンジ・リーダーの条件』実践するドラッカー事業編より)

    ビジネスとしての軸を持つ上でも、自らの定義をもつことはとても大事です。
    それは経営理念や営業方針にも繋がっていきます。

    難しいですけどね。

    年に何度かは、日常の業務から離れて自らの事業についてじっくり考えてみることも必要だと思います。
    個人事業でも法人でも、事業規模にかかわらず。


    ちなみに、私の経営する『リアルシンク』は、「常に考える」あるいは「現実的な思考」と言ったイメージで、お題目や理屈で終わらないコンサルティングを提供したいとの想いから付けた名称です。

    中学・高校の頃からIT畑の出身だったこともありますが、現在のコアは『パソコンサポート』。
    サービス的には「パソコンのトラブル解決」が中心ですが、導入から運用、利活用のアドバイスまで、幅広くサポートしています。

    弊社にとっての『パソコンサポート』を定義するなら、『ICTの利活用(の支援)を通じて、社会生活の向上をお手伝いすること
    それが我々の使命であり、弊社の事業の定義だと言えます。
    単なる「パソコン」のサポートではないのです。

    リアルシンクの経営理念は『ITをもっと身近に、もっと便利に』
    パソコン(=ネット)を上手に活用することで、プライベートもビジネスも、もっと充実したものすることが出来ます。
    一人一人の生活やビジネスが充実すれば、社会はもっと良くなります。
    そのお手伝いをすることで社会生活の向上に貢献したいと考えています。

    現在の売上の大半を占める某大手家電量販店さんからの委託業務(下請業務)に関してはITから多少ズレる業務もありますが、基本はこの『パソコンサポート』をどの様に提供していくか、を中心に事業展開を考えています。

    もちろん、ITを活用するためにはIT以外の知識や経験も重要です。特にビジネスでは。
    まだまだ勉強の日々は続きますが、学んだ知識や経験を少しでも多くのクライアントさんとシェアしてお役に立てればと思っています。

    「パソコンサポート」自体まだまだマイナーなビジネスですが、「パソコンサポートと言えばリアルシンク」と言われるような貢献を目指して。
    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。 

    実践するドラッカー【事業編】
    実践するドラッカー【事業編】

    みずから未来をつくることにはリスクがともなう。しかし、みずから未来をつくろうとしないことのほうがリスクは大きい。 (ドラッカー365の金言)

    人は往々にしてリスクを恐れて変化を嫌うものです。
    しかし、この世の中に変化しないものはありません。
    リスクを怖れて行動しないことは、長い目で見ればより大きなリスクを引き寄せることになります。

    変化を止めることが出来ない以上、変化の先頭に立つことが大事なんだと、そう思います。
    財貨を失うのは、少し失うこと。
    名誉を失うのは、多くを失うこと。
    勇気を失うのは、全てを失うことだ。
    生まれなかった方が、良かっただろう。
    (ゲーテ)

    前に進む勇気を、常に持ち続けたいものです。
    自戒を込めて。 

    来年も、前に向かって進みたいと思います。
    皆様も良いお年を。
     
    ドラッカー 365の金言
    ドラッカー 365の金言
     

    いかなる知識と言えども行動に転化しないかぎり無用の存在である。 (経営者の条件/P.F.ドラッカー)

    いかなる知識と言えども行動に転化しないかぎり無用の存在である。
    しかし行動の前には計画しなければならない。
    望むべき結果、予想される障害、必要となる修正、チェックポイント、時間管理上の意味合いを考えなければならない。
    (経営者の条件/実践するドラッカー[行動編]より)

    セミナーにしろ読書にしろ、どんなに良い知識や情報を持っていても、あるいは経験による気付きや学びであっても、行動しなければ意味がありません。

    セミナーに参加してどんなに素晴らしい知識やテクニックを教わっても、実行しなければ成功出来ないのです。
    成功哲学にしろビジネス講座にしろ、セミナーの参加者で実際に成功するのはほんの数パーセントだそうです。
    要は、いかに行動に移すのが難しいかと言うこと。

    学びを活かせるかどうか、時間もエントロピーも決して元に戻ることはありません。
    ドラッカーの言葉で言えば変化を止めることは出来ないしコントロールすることも出来ないのです。
    出来るのはどのように変化の先頭に立つことだけ。

    前へ、前へ、ただひたすら前へ

    行動することが重要なのだと、私はそう思います。 
    自戒を込めて。

    実践するドラッカー【行動編】
    実践するドラッカー【行動編】


    人間の本性は、最低ではなく最高の仕事ぶりを目標とすることを要求する。 (現代の経営/P.F.ドラッカー)

    人間の脳は目標を達成することで快感を得るようになっています。
    だからこそ、目標設定の仕方が大事になってきます。
    達成が困難すぎる目標はやる気を殺いでしまいますが、達成が容易すぎる目標も、動機付けとしては価値を持ちません。

    つまり目標には、夢や野望のような長期的、志向的な目標と、具体的な作業行程、マイルストーンとしての目標の2つが必要なのです。
    私はそう思います。

    実践するドラッカー【行動編】
    実践するドラッカー【行動編】

    顧客が知りたいことは、製品なりサービスなりが、どれだけのことをしてくれるかだけである。 (マネジメント/P.F.ドラッカー)

    顧客が求めているのはバリュー(価値)ではなくベネフィット (利益)。
    機能や性能、あるいは品質ではなく、それによって何が得られるのかが重要。
    よく言われる例では、顧客はドリルが欲しいのではなく穴が欲しいのだ、と言うこと。

    自社の製品やサービスを知ってもらい、選んでもらうためには、何を伝えることが重要か。
    機能や性能ではなく、それによって何が達成できるのか。
    達成できる理由(根拠)として機能や性能がある。

    知ってはいてもなかなか難しいんですよね。
    日々修行です。

    実践するドラッカー【事業編】
    実践するドラッカー【事業編】

    このページのトップヘ