日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    タグ:シェイクスピア

    貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。 (シェイクスピア)

    妬み嫉み逆恨み、他人を悪く言う人にとってネタには事欠きません。
    必ず批判者はあらわれます。

    政治家にでもなりたいなら別ですが、他人の評価は気にし過ぎても自分の神経をすり減らすばかりでロクな事はありません。
    人というのはそういうものだと割り切ること大切です。

    私はそう思います。



     

    不幸を治す薬は、ただもう希望より他にない。 (尺には尺を/シェイクスピア)

    落ち込んでいるときには希望を見付けること自体が困難でもあるわけですが、それでも、希望があれば前に進めるものです。

    私はそう思います。


     

    誰の言葉にも耳をかせ、口は誰のためにも開くな。 (ハムレット/シェイクスピア)

    愚者も千慮に一得有りと申します。
    その言が役に立つかどうかは別にして、耳を傾けることで情を売ることは出来ます。
    耳を傾けることに損はありません。

    また、一方に肩入れをせず中立を保つことで、双方から嫌われることもありますが、往々にして双方に恩を売ることが出来る場合が多くあります。
    とすれば、口は安易に出すべきではないでしょう。

    赤心から出た行動であればもっと良いのでしょうが、利害を得失した上でのことであっても、心すべき教訓だと思います。
    徳を積むというのは、そう言うことではないかと思うのです。

    私はそう思います。

    ハムレット (新潮文庫)
    ハムレット (新潮文庫) [文庫]

    世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。 (ウィリアム・シェイクスピア/詩人・劇作家)

    事実に良い悪いはなく、ただ受け取り手の価値観と言うフィルターを通しているだけ、と言うとNLPっぽい表現になりますね。
    禍福は糾える縄の如しとは言いますが、幸か不幸かは表裏一体ではないかと思うのです。

    そう、重要なのは「考え方」なのです。
    それを無意識にまで染み込ませるのはそれなりに大変なのですが。

    ハムレット (新潮文庫)
    ハムレット (新潮文庫) [文庫]


     

    「今が最悪の状態」と言える間は、まだ最悪の状態ではない。 (リア王/シェイクスピア)

    本当に不幸な人は自分が不幸であることにすら気付かないんじゃないかと、学生の頃妄想したことがあります。
    自分が不幸・不運だと公言している人は境遇に酔っているのだと思います。
    それって、脳内ホルモン的には幸福なのと同じ状態なワケです。

    最悪なんてものは死ぬその瞬間まで訪れないんじゃないかと、私はそう思います。

    リア王 (新潮文庫)
    リア王 (新潮文庫) [文庫]

     

    このページのトップヘ