日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 故事ことわざ

    待てば海路の日和あり (諺)

    嵐や逆風のときには無理に船を出さず待っていれば良い。
    明けない夜は無いのと同様、止まない雨もないのだから。

    ただし、準備だけは怠ってはいけない。

    嵐に向かって出向するのは馬鹿者だが、無為に過ごすのは愚か者である。 
    馬鹿には成功するチャンスがあるが、愚か者には成功することは出来ない。
     
    私はそう思います。
    2297604698_e2e109a64a_o

    千里の道も一歩から (諺)

    遠い道のりも、まず最初の一歩を踏み出すことが大事です。
    最初の一歩を踏み出さなければ、いつまで経っても目的地にはたどり着けないからです。

    ビジネスや人生においても同じです。
    まずやり始めることが大事です。
    言葉遊びのようですが、始めなければ始まらないのです。何事も。

    もちろん、成功あるいは大成するためには続けることも重要なのですが、それは次の段階のお話。
    何かをしたい、あるいは成りたいと思ったなら、まず行動することです。
    宝くじでさえ、買わなければ当らないのだから。

    千里の道も一歩から

    猫の手も借りたい (諺)

    どんな商売でもそうでしょうが、やはり忙しい時期と暇な時期と言うのはあります。
    あるいは、繁忙期閑散期とは別に、依頼が集中して一過的に忙しくなる時というのもあります。

    困ったときにヘルプを要請してくるのは頼られてる証なんだろうけど、残念ながら人員が湧き出る魔法の壷を持っているワケではないのですよ。
    元請さんはリアルシンクに頼めば何とかしてくれるとでも思ってるんでしょうけど。
    まあ、多少無理してでも恩を売っておけば、と思わなくも無いのですが、実際、猫の手じゃ役に立たないしなぁ(^^;

    とりあえず、シフトをやりくりして対応するかな?
    相身互いだしね。

    猫の手も借りたい

    よく泳ぐ者は溺れる (諺)

    泳ぎの得意な者ほど、自分を過信して溺れてしまうと言う、、、
    私のことですか? そうですか。 
    最近は気を付けてるんですが、まだまだと言うことですね。 

    どうせ溺れるなら美女ともう一度、人生を投げ打つぐらいの恋に溺れてみたひ

    3693335754_a7857fd301_o

    努力に勝る天才なし (諺)

    一時的な成果であれば運や才能であげることが出来ます。
    しかし、継続的な成果を得るためには、あるいはより大きな成果を得るためには、継続することが大事です。

    継続することは、努力することです。 
    かの偉大な発明王も、1%のひらめきと99%の努力だと言っていました。

    でも、何事も続けるって大変なんですよね。
    自戒を込めて。

    n1306507130

    このページのトップヘ