日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 中国古典

    先ず其の言を行い、而して後にこれに従う (論語)

    あの頃の私は何もわかってなかった。
    知識は人一倍あったし、自信もあった。
    思い描いていた戦略も間違ってはいなかった。
    でも、どうやって動けば良いのかわかってなかった。

    某所で、面識は無いけど名前(噂?)を知っている某社の中の人とすれ違った時に、ふとそんなコトを思った。


    3ea79901.jpg

    人必ず自ら侮りて、然る後に人、これを侮る (孟子)

    自分で自分を卑下したり、自分を大切にしない人は、他人からもそのように見られてしまいます。

    今風に言えば『セルフイメージが大切』ということですね。

    「自分なんて」とか「私には無理」とかすぐ言う人、愚痴ばかりが多い人は、他人からも低く見られ侮られるようになります。
    また、軽々しい言動が多かったり、修養を怠っているなど、自分自身の成長を意識してない人も、同じく他者から侮られる結果になります。

    自分を大切に出来ない人に、本当の意味で他者を思いやることは出来ません。
    自分の態度は自分に跳ね返ってくるということですね。

    普段から注意したいものです。
    自戒を込めて。

    90bda109.jpg

    志は、気の師なり (孟子)

    志があればこそ、気力が沸いてくるのだと。
    そう言う事だと思います。

    今日は思わず心が折れそうになってしまったので、心新たに。


    閑話休題

    税理士さんに決算書を修正してもらったら消費税が予定(弥生会計の集計)の約1.5倍になった。
    払えるわけねー orz
    予定の金額でも分割払い前提なのに。。。

    前年度実績から、多少無理をすれば分割で払えなくは無いけど、余裕が無いのは好みではありません。
    と言うことで売上をアップさせて税金を払うという回答に行き着くわけですが、、、

    売上をアップさせると翌年の税金がさらに上がり、またさらに売上をアップさせないとイケナイと言う・・・
    なんていう自転車操業 orz

    禿げるか胃が悪くなるかする前に利益率の高い自社案件の売上比率を増やしたい今日この頃です。


    孟子 不安と混迷の時代だからこそ―現代活学講話選集〈3〉 (PHP文庫)孟子 不安と混迷の時代だからこそ―現代活学講話選集〈3〉 (PHP文庫)
    (2005/04)
    安岡 正篤

    商品詳細を見る

    能わざるに非ず、為さざるなり。 (孟子)

    出来ないのは、能力が足りないからではなく、やらないから。

    耳が痛い。


    孟子 不安と混迷の時代だからこそ―現代活学講話選集〈3〉 (PHP文庫)孟子 不安と混迷の時代だからこそ―現代活学講話選集〈3〉 (PHP文庫)
    (2005/04)
    安岡 正篤

    商品詳細を見る

    兵は拙速を聞くも、未だ功久しきを見ず (孫子)

    やはり、重要なのはスピードなのだと思います。
    ビジネスで言えば「先行者利益の確保」と言うことになるかと思います。

    長期戦や防衛戦、既存の業界への新規参入においてはタイミングや十全な準備が重要になってきますが、新分野への進出に関してはスピードに勝る要件は無いと思います。

    もちろん、何でも良いから行動して右往左往すれば良いわけではありませんが、チャンスを活かすためには、スピード感と言うのが非常に重要な割合を占めるのではないかと、私はそう思います。

    自戒を込めて。

    新装版 孫子の兵法新装版 孫子の兵法
    (2011/12/30)
    守屋 洋

    商品詳細を見る

    このページのトップヘ