日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:ブログ(雑記) > 私について

    私にとって世界の中心は私です。
    貴方にとって世界の中心は貴方であるはずです。

    私の人生は私のものであり誰のものでもありません。
    貴方の人生は貴方のものであり誰のものでもないはずです。

    毀誉褒貶も艱難辛苦もただ人生と言う物語の一部でしかありません。
    誰かに、または組織に、あるいは社会に尽くす無私の人生であっても、その生き方を選んだその人自身の人生であり、その人にとって世界の中心はその人自身でしかなのです。

    世界の中心が自分であるという考えは、いわゆる自己中ということではありません。
    自分の人生は自分が主人公なのだから、もっと主体性を持って生きなければいけないということです。

    伝記や偉人伝に登場する人物に、自分自身がなるということです。
    不愉快な事態に耐えるのも抗うのも選ぶのは自分。
    人生を面白くするのもつまらなくするのも自分自身と言うことです。

    つまり、自分の人生を本当の意味でコントロールできるのは自分自身だけであるということ。
    天上天下唯我独尊とは本来そう言う意味なのだと、小学2年生のときに悟りました。
    基本的な考え方は今も変わっていません。
    もしかしたら単に成長してないだけかもしれません。

    人によっては「世界」を「認識」と言う言葉に置き換えた方が判りやすいかもしれません。
    ちなみに、人間は自分より上の存在を認識したり理解したり出来ないそうです。

    あなたの世界の中心はあなたですか?あなたはそこにいますか?
    201005271600


    こんばんは。自称どちらかと言うと天才のITコンサルタントです。

    本日は勤労感謝の日。
    と言うことで朝から『ドリプラ世界大会2011 西日本プレゼンター大支援会』、夕方から六時クラブさんの『夢×戦×感 栢野克己さんセミナー』に参加。
    いろいろと濃い一日でした(って勤労感謝の日関係ない)。

    今日の懇親会で隣の席の人に『今の人生楽しいですか?』と聞かれて返答に困りました。
    楽しくないワケではないけれど、あらためて聞かれると返答に困りますね。

    仕事は嫌いじゃないけど、楽しいとか好きとかじゃなく、誇りとか使命感でやってる部分が大きいので、楽しいかと聞かれれば別にそう言う訳でもありません。
    心情的には、ヤンがユリアンに『何でそんなにお嫌いなのに軍人になったんです?』と聞かれて『決まってる。他に能がなかったからだ』と答えた感じですね。
    諸般の事情で社長なんかやってますが、本来は教職志望でした。

    女性は?と聞かれれば
    「大好きですよ。今は特定の相手はいませんけど。」
    で終わりです。
    「彼女は?」と聞かれればもちろん「絶賛募集中です!」
    でも昔の彼女のへの思い入れが強くて、ここ数年本気で女性を口説こうと思ったことがありません。う~む。

    食べ歩きで美味しい店を探すのも好きですが、そればっかりやってるワケにもいかないし、お一人様で入れる店って(心理的に)あまり多くありません。
    しかも最近は連敗続きだし。

    セミナーや交流会の参加も、勉強や人脈作りのためと言うよりはモチベーションを維持するために参加しているものが多いですし。
    ホント、何が楽しくて人生送ってるんでしょうかね?

    刹那的に楽しい時間と言うのはたくさんありますが、無駄に経験値の高い人生を送っていると『もう一度同じ人生を送りたいか?』と問われれば答えはNOしかあり得ません。
    それって楽しい人生じゃないよなぁ、と思ってしまいます。
    なので、『幸せですか?』と聞かれれば迷わず『幸せです』と答えるけれど、『楽しいですか?』と聞かれると微妙です。


    それでも 私は 私であるために そうだ 元気ですよと 答えたい





    と言うことで今日は岡山商工会議所さんの新入会員交流会に参加してみました。
    見知った顔やお久しぶりな人も何名かちらほらいましたが、取り立てて仲の良い方が居たわけでもなく、例によって隅っこでコッソリしてました。
    つか、皆さん自分とこの宣伝に必死でガツガツしててイマイチ雰囲気に馴染めません。まあ、それだけ皆必死なんでしょうけど。
    うちはサービス内容的に、良いお客さんと長く関係(取引)を続けるのが理想なので「何でも良いから新規客を!」みたいなガツガツした営業は好きではありません。
    交流会用(私の影武者用)に営業スタッフ雇った方が良いのかな?


    それはそれとして、士業系の人を見てて、営業(ハッタリ)用にITコーディネータ辺り取得した方が良いかな?
    なんて考えてみたり。
    試験は楽勝なんですが、受かった後の研修を受ける予算が・・・ケース研修525000円はねーよ。色んな意味で。
    中小企業診断士の方がまだマシじゃね?
    実際には役に立たない中小企業診断士さんも多いけど。ぶっちゃけ税理士さんとか社会保険労務士さんとかの方が実務に即したアドバイスが頂けて有用ですけど。


    起業する前まで中小企業診断士を目指して勉強してた時期があって、起業してからその知識が大分役に立ちましたけど、起業後に何人かの中小企業診断士さんとお話相談して実際のレベルを知ると・・・。
    そんなワケでいまさら中小企業診断士もな~と言う結論に今回も至りました。つか、数ヶ月毎に同じ様なこと考えてる気がします。


    そうそう、久しぶり(6年ぶりぐらい?)にカカトコリさんにお会いしましたが、相変わらずお元気でした。
    アマゾンさんで品薄な一天地六の法則を展示コーナーで即売会されてたのでこの機会にと購入。ついでにサインもしてもらいました(笑)



    一天地六の法則

    一天地六の法則









    このページのトップヘ