日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:ブログ(雑記) > 私について

    ブログネタ
    健康雑学 に参加中!
    能力(脳力)を高めるには咀嚼が大事です。

    咀嚼と言うのは物事や文章の意味を考え味わうと言う抽象的な意味で、ではなく食事の際の咀嚼です。

    食事の際に左右30回ずつ、1回の食事で500回以上咀嚼することが望ましいです。

    自分では

    「ちゃんと噛んで食べてるよ?」

    と思っていても、実際に意識してやってみると意外と出来てないのもの。

    普段からよく噛まずに飲み込んでしまう人だと、最初は10回ぐらいでもすぐに顎がだるくなってしまいます。
    柔らかいものだと噛んでいる途中でうっかり飲み込んでしまいます。

    最初は10回ずつぐらいから、慣れるのにあわせて少しずつ回数を増やしていきましょう。
    コツとしては、噛む回数を数えながら食べることです。呼吸法の数息観の応用ですね。

    私が学生頃にやっていたメソッドですが、今でも集中したいときや資格試験の前、なんとなく頭の回転が鈍くなってるなと感じたときなどに行っています。

    虫歯などがあると自然と噛む歯が偏ってしまい、それがクセになって噛み合わせが悪くなったりする原因になるそうです。
    片側では普通に噛めるのに反対側で噛むとすぐに顎がだるくなるような場合は、普段から噛む歯が偏っていると言うことです。
    数息観咀嚼を行う際は、左右の歯で同じ回数だけ噛むようにしましょう。
    右側で10回噛んだら左側で10回。あるいは1口目は右で噛み、2口目は左で噛む。と言うように、バランスをとることが大切です。

    閑話休題

    噛むことによって脳に刺激を与えることができます。
    数を数えながら咀嚼を行うことでより効果を高めます。

    また、噛むことによって唾液が分泌し消化を助け、病気や虫歯を予防したりする効果もあります。
    咀嚼によって顎の筋肉が鍛えられると、顎関節症の予防にもなるそうです。

    さらに、噛むという行為にはストレスを軽減し集中力を高める効果もあります。
    爪を噛む、鉛筆を噛む、臍を噛む、単に癖と見られることも多いですが、どれもストレスによる防衛反応として噛むという行為に表れています。

    噛むことには、一石二鳥も三鳥もの効果があります。

    食事の際だけでなく、集中したいときや気分を落ち着かせたいときにガムを噛むというのも効果があります。
    受験勉強をしていた頃は、学校の授業中に授業はそっちのけでガムを噛みながら受験対策用の問題集を解いていました。教員にはあまり良い顔をされませんでしたが(^^;

    今でも、資料を作成する際やアイデアを考える際など、落ち着いて集中したいときによくガムを噛んでいます。
    簡単に出来て効果の高い能力(脳力)アップメソッドです。

    力が欲しいか?!ならば咀嚼せよ。

    もちろん、物事や文章の意味を考え味わうと言う抽象的な意味でもね。


    lgf01a201307020700

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。 (アインシュタイン)

    マズローの5段階欲求説の、6段目、
    最近、自己実現の次にこれがあるんじゃないかと言われ始めている「コミュニティの発展」

    あるいは7つの習慣の、
    実はもうひとつあったんだよ第8の習慣「偉大さ(情熱を持って貢献を行う)」

    成功を「自己実現」とすれば、奉仕は「(コミュニティなど大なるものへの)貢献」と言うことで違和感無く理解できそうです。
    コミュニティの発展も偉大さも言われ始めたのは近年の話ですが、アインシュタイン博士は何十年も先を見通していたのかもしれません。

    そう言えば、先日読んだドラッカーのイノベーションと企業家精神に、知識のイノベーションは社会に浸透し受け入れられるまで時間が掛かると書いてありました。
    アインシュタインのこの発見?も社会に浸透するまでに時間を要したと見ることも出来そうです。

    私も、クライアントに奉仕できる実践型のコンサルタントでありたいと思っています。
    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31



     

    昔むかし、まだ十代前半の頃、今で言う中二病真っ最中の頃ですね。
    もともと中三までの勉強は(英語以外は)小三の頃に独学で済ませていたほど知識欲に貪欲で、仙道とか密教とか、今で言うスピリチュアルなジャンルに傾倒して能力開発にハマっていた時期がありました。

    その甲斐あって(?)、高校受験は無勉強、高校在学中に国家試験に合格、大学受験にも受験勉強2ヶ月で合格するなんて荒業が出来たりしたワケです。

    身につけた能力を大雑把に言うと
    ・速読術
    ・記憶術
    ・脳生理学(による脳の活性化術)
    です。

    最近の受験では内申書の方が重要だったり、知識勝負では解けない問題が増えてたりするそうですが、資格試験などではまだまだ使えそうです。

    速読術と記憶術については、ググるといっぱい出てくるので割愛。
    アマゾンでも関連書籍がたくさんあります。

    と言うことで、それ以外の能力開発メソッドを、気が向いたときに少しずつ書いていきたいと思います。

    それはさておき、ARMS面白いよね。
    年に1~2回、読み直したくなります。




     

     南無八幡大菩薩 (中略) 願わくはあの扇の真中射させ給え。 (那須与一)

    と言うことで全国一斉神頼みの時期までカウントダウンな大晦日。
    神社で願い事をする風習っていつ頃から始まったんでしょうね?
    いまでは当たり前の様になってますが。

    そもそも神社って、神仏習合の名残で仏教系の仏や明神が祀られているところもあったりしますが、基本的には祖霊を祀っているわけです。
    古事記や日本書紀に出てくるような大物もいますが、大半は地元で功績のあった英霊や、祟神や妖神を鎮めるためのものであったりするワケです。
    初詣人気スポットの1つ太宰府天満宮の菅原道真とかまさに左遷されて祟神になったのを鎮めるために祀ったもの。

    一切衆生の救済を掲げる阿弥陀仏とかならともかく、祟神や妖神や英霊に、正月にふらっとやってきてお願い事されたからって、それを叶えてやる義理は無いですよね。
    まあ、神話や伝承では気まぐれな方が多いので、運が良ければ気まぐれに願いを叶えてくれるってのはあるかも知れませんが。

    閑話休題

    出典は忘れましたが昔、神社は願い事をする場ではなく誓いを立てる場だ、と言うのを聞いて妙に得心が行ったのを覚えています。
    いわゆる誓願と言うヤツですね。
    それ以来、神社では(少なくとも個人的な)願掛けはしなくなりました。

    大学受験のときも、絵馬に「合格しますように」ではなく「合格してみせる」と書いて奉納しました。
    たいした偏差値の大学ではありませんでしたが、もちろん合格。
    やはり、神頼みで運を天に任せるより、誓いを立てた方が実力も行動へのモチベーションはあがる気がします。

    現実世界でも「私は○○のための活動をしています。」と公言して行動してれば意外と支援者や協力者は現れるもの。
    ○○になったら良いな、と思っているだけでは状況は変わりませんが、○○したいと思って行動すれば意外と周りも助けてくれるものです。
    神仏もそれと同じじゃないかと思うのです。

    そんなワケで(人混みが嫌いなので)正月三が日に行くことは少ないですが毎年初詣には行ってますし、毎月の1日に朔詣ですることもありますが、相変わらず神社でお願い事をすることはありません。
    感覚的には単なる挨拶回りですね。

    とは言っても、お賽銭入れて手を合わせるのに何も考えないのも勿体無いので、ここ十数年はいつも同じ願い事をしています。

    『世界人類が平和でありますように。』

    自分のことは自分の力で。自分の手に余る事柄は天(神様)に。
    正月ぐらい私利私欲を離れて天下国家や世界のことを考えてみるのも格好良いんじゃないかと思います。

    もし貴方の願い事が「何か良いことがありますように」ぐらいの内容でしかないなら、一緒に世界の平和を祈ってみませんか?

    格好良い!と思ったらいいね&シェアをお願いします(笑)

    0000000001_0000001337


    ええ、天才というものがあるとすれば、私は天才です。 (ジョン・レノン)

    ジョン・レノンがインタビュアーに「あなたは自分を天才だと思いますか?」と聞かれて答えたセリフだそうです。

    学生時代、大学に入るまでは私も自分を天才だと思っていました。
    英語以外の科目は小3で中3までの内容を独学で終わらせてましたし、スポーツも万能。

    小4のとき公文式に行かされたときも余りのつまらなさに2日でやめてしまいました。
    大学も工業高校から一般入試で受験しましたが、受験勉強はたったの2ヶ月で合格。
    自分を天才だと思うには十分だと思っていました。

    でも、上には上がいるんですよね。
    大学に入って学べば学ぶほど、自分のレベルが上がれば上がるほど、ドラゴンボールで次々と新たな強敵が出てくるようにどんどん凄い人が現れるんです orz

    何をやっても一流にこなせるけど、超一流にはなれない。
    そんなジレンマに陥った大学時代でした。

    なのでプロフィールにも書いているように最近は『どちらかと言うと天才』と言う事にしています。
    まあ、半分はネタですが(笑)
    元ネタがわかる人だけニヤリとしておいてください。

    歳をとるとなかなか自分を「天才です」とは言えなくなりますよね。
    サウダーデな気分。

    人生を奮い立たせるアウトロー100の言葉
    人生を奮い立たせるアウトロー100の言葉 [単行本]
     

    このページのトップヘ