日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ: ブログ(雑記)

    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    ほぼ毎日、平日なのにカップルで満員のゆりかもめの終電で帰る生活を送って開発職は辞めようと思った遠い日の思い出。

    PAK86_kurisumasuhasakabintoissyo1344_TP_V
    古参メンバーのように寝袋を持ち込んで職場に泊まりこむのは人として大事な何かを失いそうで意地で帰宅してたけど、通勤時間を考えると効率は良いんですよね。実際の生産性はともかく仕事してる感はハンパナイ。
    もう20年も昔の話ですが。

    最近では『勤務時間が短いほうが生産性があがる』なんて研究結果もある様ですが、お客様の話を聞くと開発系の現場は相変わらず長時間勤務が普通の様で大変そうです。

    もっとも、現場や案件次第では深夜帰宅や早朝出勤があるのは他の業種でも同じなんですけどね。
    開発職みたいに長期間続くことは少ないってだけで。

    ちなみに、私の心が折れたのは勤務時間じゃなくてカップルだらけの満員電車で帰宅するという環境にです。
    派遣期間終わって延長を打診されたけど断って速攻で岡山に逃げ帰ってきますた orz

    最近は勤務間インターバル規制(退社してから次の出勤まで一定の間隔を空けなければいけない)の導入が、政府はすすめたいみたいですね。
    今なら制度導入に助成金も出るとか。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00010002-newswitch-bus_all

    いっそのこと法律で義務化してしまえば少しはブラック企業が減るんジャマイカ?

    と、相変わらず作業時間より移動時間のほうが長い現場の帰り道にふと考える。

    待機時間を含めて現地作業30分、移動時間片道1時間。
    拘束時間はともかく作業時間と言う意味では生産性は高いのかもしれない。
    少なくとも過労死はしなさそう。出会いがないのは相変わらずですが。 
     

    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    進学とか就職とか転勤とか、特に転居を伴うような環境の変化があるとスタイルや習慣も変わってしまいますよね。

    大学に進学した際に変化したものの1つが読む本の種類。
    富士見ファンタジア文庫から岩波文庫とかPHP文庫に。

    当時はライトノベルなんて言葉はありませんでしたが、今で言うライトノベルから学術・ビジネス寄りの本を読むことが増えました。
    もちろん、ラノベをまったく読まなくなったわけではないのですが、シリーズが続いているのにいつの間にか買わなくなってしまった本と言うのはやっぱりあります。

    その中の一つが竹河聖の『風の大陸』


    で、先日、2週間の出張から帰ってくると母が『これの続きはないの?』と言って持ってきたのが風の大陸の8巻。

    蔵書になければ無いよ。

    と思ったのですが、どうしても続きが読みたいと言うのでネット調べてみると、さすがに完結はしていましたが28巻まで続いているとか。
    外伝を含めるともっとあります。結構長く続いたんですね。

    Kindle版も出てるけど、母にKindle版は敷居が高いだろうなぁ。

    仕方ないので近くの古本屋を何軒かはしごして探してみましたが、さすがに20年近く前の作品なので欠片も見当たりません。
    Kindle版が出たのは比較的最近の様ですが、、、

    愛用しているamazonさんも新作と違って中古作品はマーケットプレイス頼みなので品揃えはイマイチ。
    と言うか、個人的にアマゾンではプライム対象商品しか買わないことにしているのではじめから対象外です。

    そんなワケで?、探して見つけましたブックオフ。

    店舗数の関係でリアルの古本屋で一番良く利用するのがブックオフ。
    確かブックオフのネットサイトもあったよな?

    と思い検索。

    ありましたよ、ブックオフオンライン!

    もちろん最近流行のオトナ買い対応。しかも何が良いって中古と新刊を混ぜてオトナ買いできます。
    中古の在庫がある巻は中古で、中古在庫のない巻は新刊で、混ぜてシリーズをオトナ買いできます。
    素晴らしいですね。

    風の大陸で検索をかけると全巻揃っていた(もちろん全巻中古)のでそのまま購入。
    ついでに別の作品(これまた20年前の作品で途中で購入が止まっていた奴)も購入。

    良い買い物でした。

    今後は新刊はアマゾンで、古本はブックオフオンラインになりそうです。

      ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    ふと思い立ってブログの1つをワードプレス(WordPress)からライブドアへ移行することにしました。

    普段、お店やビジネスのブログはワードプレス一択でしょ!
    と言うスタンスなのですが、
    • ここと同じ半分趣味のブログであること
    • 独自ドメインで運営していなかったこと
    • 同じドメイン下で運営している別ブログのアクセス数が増えてサーバが重くなったこと
    • 別サーバにワードプレスを移すのが面倒くさい
    • etc.
    とくに3番目と4番目の理由が大きく、せっかくなのでライブドアブログへ移行することに。

    事前調査として、移行方法のまとめとかないかな?

    と思って検索してみましたが、ライブドアブログからワードプレスへの移行(引越し)の記事はたくさんあるんですが、ワードプレスからライブドアブログへの移行ネタはほとんど見かけません。
    ま、普通はそうですよね。 

    しつこく検索していたら見つけました。ライブドアブログの公式ヘルプ・・・。
    ブログのお引越し(WordPressからの場合)

    せっかくなんで備忘録としてメモしておきます。

    1.WordPressの管理画面から、エクスポートデータを書き出す。
    ・管理画面→ツール→エクスポート
    ・ファイルサイズが大きい場合はカテゴリ別にエクスポートする
    ・ライブドアブログにインポートできるファイルの容量は約8MBまで(2016年9月現在)

    2.ライブドアブログにインポートする
    ・ブログ設定→ブログの引越し(インポート)
    ・移行元のブログサービスを「WordPress」を選択し、
    ・インポートするファイルにWordPressからエクスポートしたファイルを選択
    ・「インポートする」をクリックしてインポート実行

    livewapu独自ドメインで運営していればパーマリンクも引き継げるみたいです。
    意外と優秀。

    ワードプレスに比べるとやっぱり機能面やSEO面で物足りない点はありますが、割り切って運営するにはライブドアブログも有りかもしれません。

    でも、ビジネスでブログをやりたいならやっぱりワードプレスを推しますけどね!

    不定期に蔵書管理に悩みます。

    ブクログやブクレコだとジャンルや蔵書量が多いと痒いところに手が届かない。

    読む本がビジネス書だけとかラノベがメインとかコミックばかり、とかなら少々冊数が多くても悩む必要はないのですが、、、
    それこそ哲学からアダルトまで雑食でなんでも読んでるとカテゴリ数だけでも膨大な数になって自分でも把握しきれない。

    かと言ってアプリやソフトだとインストールしてある端末でしかチェック出来なくて不便どころか役に立たない。

    発刊ペースの遅い作家さんだと本屋やコンビニで見かけて新刊かと思って買ったらすでに持ってる旧作だったり、、、
    酷い時には古本屋で見かけて面白そうと思って買ったらすでに持ってる本だったりとかも普通にあります(>_<)

    しかも雑誌以外は基本捨てない主義なので蔵書は増える一方。

    なのでクラウドなどでいつでも確認出来るのは必須条件。

    蔵書管理なんとかしなきゃと不定期に思っては良いものがなくて有耶無耶になっちゃうんですよね。

    もっとも、良さそうなのを見つけても冊数が多過ぎて入力が面倒臭いってオチもあるんですけどね。

    ホント、どうしよう?(^_^;)


    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    「友達申請の際は事前にメッセージをください」って言ってる方まだまだ多いですが、
     
    2015年後半から、友達でないアカウントからのメッセージは届かなくなりました
    (正確には別処理されるため送られても気付かなくなりました。)

    しかも恐ろしいのは、一度フィルタされたメッセージは、手動で承認しないと友達になってもフィルタされたまま届かないのです。

    つまり、『友達になる前に送られたメッセージは友達になってからも(自分でチェックしないと)表示されない』のです。
    さらに、フィルタされたメッセージに気付かず放置していると、友達になったあとに送られたメッセージも届かないという罠。

    おそロシア(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    まあ、友達リクエストが来るたびにとか、あるいは普段から小まめにフィルタされたメッセージを確認すれば良いのだけど、正直面倒くさいですよね。

    将来また仕様が変更される可能性はありますが、 少なくともこの記事を書いている時点では、友達じゃない人からのメッセージはかなりの高確率でフィルタされ、フィルタされたメッセージをそのままにしておくと、友達になったあとの新しいメッセージも届かないのです。

    このメッセージの仕様は、フェイスブック社的には『Facebookの友達はリアルでも友達であるべき』と暗に言いたいんじゃないかと感じます。 

    閑話休題

    そんなワケで、「友達申請の際には事前にメッセージを」と私は言わなくなりました。
     
    それでも以前は、自分から申請する際には事前メッセージを送っていましたが、今年に入った頃からそれもやめてしまいました。
    だって、相手が最初のメッセージに気付いてないと、友達になった後に送るメッセージも届かない可能性があるワケですから。

    実際、私から友達申請するのは基本的にセミナーや交流会などで直接お会いしたことのある方のみなので、別に良いかな?
    と不精の言い訳。

    送られてきた友達リクエストは、原則としてお会いしたことのある方は承認。
    それ以外は独断と偏見と気分で判断してます。
    あ、フォロー公開してますのでフォローはご自由にどうぞ。

    そして、久しぶりにフィルタされたメッセージをチェックしてて「うわぁ」ってなったGW明けの昼休み。

    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    メッセージはまめにチェックした方が良さそうです。

    P.S.
    facebookのフィルタされたメッセージを見る方法をブログで書こうかとも思ったけど、類似記事がたくさんあるので割愛。
    いろんな人がブログ記事を書かれているのでそちらをどうぞ。

    参考までに、Googleさんで出てきた順にリンク貼っておきますね。

    Facebook メッセージが届かない 見落とし注意「リクエストのフィルタ結果」要確認(iPhoneアプリにて定期的にチェックする方法)
    https://mono96.jp/archives/26933

    Facebookでメッセージが届かない、来ない場合に確認してもらいたいこと
    https://keikenchi.com/facebook-message-not-reach

    Facebookメッセージは友達申請の段階では届かない!?
    http://home.kingsoft.jp/news/app/hint/2464.html

    52e5da4a94f7e0a7763491eea7de1337_s

     

    このページのトップヘ