日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:ブログ(雑記) > ITコラム&Tips

    IT活用コンサルタントの川上です。

    タイトルの通り、FC2からlivedoorブログへ引っ越しました。

    別に大層な理由があるワケでもないのですが、あえて挙げるなら
    • 独自ドメインが使いたくなった
    • FC2はサーバが良く落ちる
    の2点でしょうか?

    ブログも 、自分メディアを意識してやるならやっぱ独自ドメインじゃないとね。
    なんて建前はさておき、趣味で取ったドメインがいくつかあるので、使わないと勿体ないってのが1つ。

    独自ドメインは、自分とこのサーバにWordPressとか入れて運用しても良かったんだけど、ぶっちゃけ面倒くさいってのがもう1つ。
    ビジネス用のブログならともかく、趣味のブログにそこまで力入れてどーすると。
    で、独自ドメインの利用できるブログサービスと言うことでライブドアを選択。 

    でも、引っ越しの直接の、一番の理由は、FC2のサーバが良く落ちること。
    いざブログを書こうと思ったときに限ってサーバが落ちてたり。(ブログは見れるけど管理画面が見れなかったりとかよくあるんですよ、コレが。)
    ブログの記事なんてノリとか勢いで書いてる部分が大きいから、いざと言う時にサーバが落ちてるとかなり萎えます。

    機能的には使いやすくて良いんですけどね、FC2も。
    アフィリエイトなんかも他のブログサービスより使いやすいし。 

    で、ついでなので小ネタを1つ。
    FC2ブログからライブドアブログへの引っ越し手順をメモしてみます。

    単純にバックアップで記事のデータをダウンロードして、インポートしてやれば良いんですが、それだけだと記事の改行がされないという罠が。
    ググればいっぱい同様の記事が出ているんですが、備忘録と言うことで。
    1. FC2ブログの管理画面の「データのバックアップ」の「エクスポート」からデータをダウンロードする。
      カテゴリ毎とかでダウンロードするファイルを選べれますが、丸ごと引越しなら「全ての記事」だけで十分です。
    2. テキストエディタ(TeraPadとか秀丸)でダウンロードしたテキストファイルを開きます。
      テキストエディタはお好みのもので構いませんが、文字列の置き換え機能とUTF-8に対応したものが必要です。Windowsに標準でついているメモ帳はダメってこと。
    3. そのままライブドアブログにインポートすると改行がおかしくなってしまうので、先にダウンロードしたテキストファイルを編集します。
      CONVERT BREAKS: default となっている個所を、CONVERT BREAKS: 1 に置き換えます。
      手作業で編集しても良いけど、記事が多いと大変なのでテキストエディタの置き換え機能を使いましょう。
      保存するときは文字コードがUTF-8になっていることを確認してください。(文字コードが違っていると文字化けします)
    4. ライブドアブログの管理画面の「ブログ設定」から「ブログの引っ越し」を選択します
    5. 移行元サービスで「FC2 BLOG」を選び、読み込むファイルで先ほど編集したテキストファイルを選択し、「インポートする」を押したら完了です。
      写真などの画像データも自動で取り込んでくれるそうです。簡単便利ですね。
    と言うか、移行元ブログに「FC2 BLOG」があるのに、テキストファイルを事前に修正しておかないと記事の改行が崩れるとはこれ如何に。
    そのうち直っているかもしれませんが、まあ、備忘録としてメモしておきます。
    参考になれば幸いです。


    こんばんは、仕事と可愛い女の娘とふるいちのうどんを愛するどちらかと言えば天才の現場に強いIT活用コンサルタントです。

    久しぶりにサイボウズの話題。
    老舗のグループウェア「サイボウズOffice9」のバージョン9.1.0が公開されました。
    http://cs.cybozu.co.jp/information/20120402up01.php

    今回、サイボウズからのメールでは60 件以上の機能搭載・改修を行ったと書いてありましたが、私が気になったのは次の3点。



    1. 「いいね!」ボタンを搭載
      メッセージと掲示板で「いいね!」を付けられる

    2. 複数メールアカウント対応
      1ユーザーに複数のメールアカウントを設定できる

    3. 「サイボウズ KUNAI」でE-mailが使える
      スマホ専用アプリ「サイボウズ KUNAI」でメールの送受信が可能に



    特に掲示板の「いいね!」ボタンは、最近のSNS流行の影響だと思いますが、掲示板の活性化に役立ちそうです。
    サイボウズの掲示板には記事の既読確認の機能がありません。
    そのため、掲示板の投稿を誰が読んで誰が読んでないかが判らないと言う、他のグループウェアで既読確認機能付きの掲示板を使ったことがある人にとっては非常に不便に感じる欠点(と言うよりビジネスコミュニケーション的にはもはや欠陥)がありました。
    以前から何度も機能追加や改善要望を送っていたのに毎回的外れな回答しか返ってこなくて半分諦めていた機能です。
    しかし、今回の「いいね!」ボタンが追加されたことでかなりの改善に繋がるのではないかと思っています。

    mixiの様に「いいね!」を「Good」の意味で使うと、ビジネスで使うには使い勝手がイマイチ微妙ですが、Facebookと同じ「Like」(見たよ!ぐらいの感覚)の意味で使えば、既読確認とコミュニケーションの活性化の一石二鳥で使えそうです。

    いつもは新バージョンがリリースされても、しばらく様子を見てからバージョンアップを行うのですが、今回はこの掲示板の「いいね!」機能に惹かれて即日バージョンアップを行ってしまいました。
    ちなみに、バージョンアップはインストーラを実行するだけなので、作業そのものは数分で終わります。
    もちろん、実際の作業前には念のため事前にバックアップを取ることをお勧めします。

    また、まだ機能を試していませんが、複数メールアカウントの対応は、部門別のメールアドレスや、会社で複数ブランドの運営部門を持っている会社などには非常に便利そうです。
    と言うか、確実に便利です。

    iPhoneアプリの「サイボウズ KUNAI」でE-mailが使えるのも、モバイルユーザにはかなり大きいです。
    今のKUNAIでは、メニュー的にはメール(個人フォルダ)が見れそうなインターフェースなのに、実際には社内メールしか見れないという、微妙に痒いところに手が届かない状態でした。
    今回のバージョンアップでやっとiPhoneから個人フォルダ(メール)が見れる様になるワケです。
    使い勝手次第ではかなり使える機能になることは間違いありません。
    まだiPhoneアプリKUNAIのアップデートは行っていませんが、今から期待大です。




    こんにちは、岡山・倉敷でパソコンサポートを中心に活動している現場に強いITコンサルタントの川上です。

    最近ではラーメン屋を探すのも仕事の取引先をチェックするにも就職活動をするにも、まず最初にホームページを確認することが多くなっています。
    たいした内容の載っていない、電話帳代りのホームページでもあると無いとでは大違いです。
    すでにクライアントがたくさんいて紹介だけで順番待ち、これ以上お客が増えても困る、と言うのでなければホームページはもはや名刺と並ぶ必須の営業ツールと言えます。
    また、ホームページを本格的に活用しようと思えば、今後はSNSとの連携なども重要な課題となってきます。

    ビジネスでホームページを活用しようと思ったら、やはりWEB制作会社に外注するのが一般的ですが、 ホームページの外注で失敗しないためには、外注先の選定より先にやっておくべき、チェックすべきポイントと言うのがあります。

    その、ホームページ制作前にチェックしたい4つのポイントとは
    ・ホームページの目的
    ・期待する効果
    ・運営について
    ・サーバの選択
    です。

    ホームページの目的
    何のためにホームページを制作するのか、目的は明確になっていますか?
    まずはホームページを作る目的を明確にしましょう。それによって必要な機能やデザイン、予算が変わってきます。
    これは、見積りが適正かどうか、費用対効果が適正かどうかを判断する際の評価基準の1つにもなります。
    単に同業他社が作っているから、と言う理由では、その投資はかなり高い確率で費用対効果の残念な結果に終わってしまいます。

    期待する効果
    ここでいう効果とは、ホームページを作ったことによる『期待する結果』です。なるべく客観的に評価できる指標を設定しておいた方が良いでしょう。当然、目的と結果は対応している必要があります。
    期待する結果によってホームページの内容や作り方は大きく違ってきます。内容や作り方が違えば当然、費用にも影響してきます。
    もちろん、効果を計測するための仕掛けも必要です。ホームページの効果が測定できないと、改善や運営を効率的に行うことができません。
    また、ホームページの効果は内容によってすぐに結果が期待できるものと、開設後の運営が重要なものとがありますので、色々な視点からの評価をポイントを設定しておくことも必要です。

    詳細は会社のFacebookページのノートに書いてますので、興味のある方はそちらをどうぞ。

    こんにちは、岡山・倉敷でパソコンサポートを中心に活動している現場に強いITコンサルタントの川上です。

    仕事柄、お客様はもちろん、セミナーや交流会でお会いした人によく聞かれる質問が『パソコンの寿命ってどのぐらいなの?』です。
    やっぱり皆さん気になりますよね。

    ネットを検索してみても、あれやこれや理屈は書いていても具体的な年数をズバリ書いたサイトってほとんど見かけません。
    まあ、個体差が大きいのでうかつなことが言えないのと、あまり短い年数を書いてパソコンを売り付けようとしていると思われるのが不本意なせいもあるかもしれません。

    そこで、頼まれれば取り寄せ(しかも量販店より高いw)はするけど基本的にはパソコンを売ってないお気楽な私がズバリお答えします。
    パソコンの寿命、私は『3年~5年をひとつの目安にしてください。』とお答えしています。

    こう答えると『え?!そんなに短いの?』と大半の方は驚かれます。
    残念ながらパソコンの寿命はあまり長くありません。

    もちろん、3年~5年と言う期間には私なりのちゃんとした理由があります。
    詳細は会社のFacebookページのノートに書いてますので、興味のある方はそちらをどうぞ。


    事前テスト(動作確認)でWindows Home Server 2011にサイボウズOffice6をインストールしてみた。
    とりあえずインストールは出来た。
    アクセスしてみた感じでは普通に動いてる。
    大丈夫そう、かな?
    WHS2011で動いたってことは Windows Server 2008 R2 でも動きそうな感じ。

    まあ、クライアントさんからは、ダメだったらその時点でOffice9へのバージョンアップを検討すると言われているので別に良いんだけど。

    OSもマイクロソフトのサポート終了してるしセキュリティ対策ソフトも来年から対応しなくなるからそろそろサーバをリプレースしましょうと提案して1年以上。
    やっと見積り依頼がきた。
    つか、サーバの耐用年数過ぎてるから早めにGoサイン欲しい。

    ユーザ数が少ないからクラウドサービスに切り替えても良いかな?と思って案内してみたけど、モノが手元にないと落ち着かないからと言う理由で却下。
    う~ん、気持ちはわからないでもない。

    せっかくだからWindows Server 2008じゃなくてWindows Home Server 2011でクライアントPCのバックアップ環境構築もセットで提案してみるかな?




    このページのトップヘ