日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:ブログ(雑記) > ITコラム&Tips

    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    「友達申請の際は事前にメッセージをください」って言ってる方まだまだ多いですが、
     
    2015年後半から、友達でないアカウントからのメッセージは届かなくなりました
    (正確には別処理されるため送られても気付かなくなりました。)

    しかも恐ろしいのは、一度フィルタされたメッセージは、手動で承認しないと友達になってもフィルタされたまま届かないのです。


    >> 続きを読む

    ブログネタ
    どうでもいい話 に参加中!
    食事に興味の無い人とは仲良くなれないと思っているIT経営コンサルタントのマイスター川上です。

    以前、某セミナーの講師が
    Facebookで料理の写真とかアップしてるの人がわからない。
    高級店に行ったときに自慢でアップするならわかるけど、ラーメンの画像とかまったく興味がわかない。
    とか言っているのを聞いて、この人とは仲良くなれないな。
    と思い、予定していた懇親会には参加せずセミナーだけで帰った覚えがあります。

    食事に興味が無い人はたまにいますが、
    『高級店に行ったときに自慢するならわかる』
    って聞いて、
    「あ、この人は自慢すること、自分を大きく見せることしか意識に無いんだな。」
    と思って底が見えた気がして冷めてしまいました。

    それ以外にも、Facebookの話題でたまに
    「チェックインってなんなの?」とか「他の人が料理の写真をアップしてても気にしたことない」とか言う人が若干名いたので、気になってアンケートをやってみました。

    そのアンケート『Facebookの友達の投稿やチェックインをみてそのお店に行ったことがある?』の結果です。

    母数(投票数)が少ないのであまり大きな声でこうだ!とは言えませんが、それなりに面白い結果になりました。

    1: 行ったことがある  9件 (40.9%)
    2: 行ってみたいと思ったことはあるが実際に行ったことはない  5件 (22.7%)
    3: 行ったこともないし行きたいと思ったこともない  6件 (27.3%)
    4: そもそも友達がいない  2件 (9.1%)

    ネタで入れた選択肢「そもそも友達がいない」に投票してる奴が2名もいるのはさておき、、、
    いや、真面目な話、Facebookで友達いなかったらツマラナイと言うかやってる意味あるのか?

    閑話休題

    「行ったことがある」と「行ってみたいと思ったことはあるが実際に行ったことはない」をあわせると63.6%
    3人に2人がFacebookの友達の投稿でお店や商品に興味を持つという結果になっています。

    一方、「行ったこともないし行きたいと思ったこともない」も27.3%と、4人に1人よりはちょっと多い程度の人が、他人の投稿に関心を示していないと言う結果になりました。

    ま、こう言う人は料理がどうとか以前に、他人に興味がないんじゃないかと思います。
    リアルでもいますよね、。自分のことだけ一方的に話して満足する人。

    このアンケートの面白いところは、回答項目別に「年代」「性別」「地域」の割合が見られるところ。

    「行ったこともないし行きたいと思ったこともない」人の属性をみると、見事に40代オンリー。
    他の回答項目では投票数が少ないなりに年代がばらけているのにです。

    世の中の40代って、他のことに目を向けている余裕がないのかな?(^^;

    さて、Facebookで友達の投稿やチェックインを見てそのお店や商品に興味を持つってのは、立派なネットコミ(ネット上の口コミ)です。
    今回はFacebookでしたが、Twitterでリツートやいいね(旧お気に入り)するのも同じです。

    Facebookでチェックインすると、チェックインした人のお友達が興味を持ってくれる。
    Facebookで写真を投稿すると、投稿した人のお友達が興味を持ってくれる。

    飲食店に限らず、店舗ビジネス来店型ビジネスをやっているなら、
    Facebookのチェックインスポットは必須だし、
    商品やサービスをFacebookで投稿してもらえる仕掛けは重要です。

    ほら、飲食店をやってるのに他人の投稿する料理の写真に興味がないとかいってる経営者。
    今すぐ考えを改めなさい。
    自分が他人の投稿に興味を持てなくても、それが集客に効果があるならすぐにでも取り組むべきです。


    ブログネタ
    話題のニュース に参加中!
    落語家がアドバイス 「行けないけど頑張って」は、いらない。
    http://grapee.jp/119816

    って記事が少し前にSNSで話題になってましたね。

    大元のツイートはコレ

     
    元のニュースではツイッターですが、Facebookなどでも同じ。

    ホントね、理由のいかんを問わず「不参加の返信は要らない」のです。

    記事では反論もあると書いてるけど、反論してる人間は自分でイベントを主催したりしたことが無い人物か、主催経験があっても人間心理に疎い無感動な人物です。

    別ブログのFacebookのイベントの使い方の記事でも書いたけど、イベントの告知に不参加のコメントがずらずら並んでたら集客の邪魔にしかならないという事実。

    不参加の理由なんか関係ないのです。

    参加できない(しない)なら黙ってスルーが基本

    参加できませんと言うメッセージは、それがどんな理由であれ主催者に「来てくれないんだと言うショック」と「集客の邪魔すんな」と言う2重のダメージを与えるだけなのです。

    「行けないけど頑張って」と悪気があって言ってる訳じゃないから良いじゃないか、と言う話ではありません。
    悪気が無いから余計にタチが悪いのです。

    イベント告知に「行けないけど頑張って」と投稿したりリプライするのは、行けなくて申し訳ないという自分の気持ちを誤魔化すためにやっているだけで、実のところ主催者(相手)のことなど何も考えてないのです。
    ただの自己満足の偽善でしかないのです。

    行けないけど応援したいなら黙ってシェアするなりリツートするなりすれば良いだけの話。
    参加できない(しない)言い訳を書く必要は無いのです。

    個人的に誘われた場合とか、親しい間柄なので参加できなくて一言入れておきたいという場合は、メッセージ(ツイッターならダイレクトメッセージ)で言えば良い話で、第三者が見える状態で集客の邪魔をする必要は無いのです。

    SNSではスルーするのが良いときもある。

    己の欲せざるところは他人に施すこと無かれ

    なのです。

     lgf01a201310071200

    このページのトップヘ