日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:ブログ(雑記) > ひとりごと

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    最近、ネットで見かけるBuzz記事に「なぜ10分で出来る仕事に高い料金を請求するのか?」というのがあります。
    まあ、ネタ自体はかなり昔からあるんですが、最近また出回ってますね。
    一応貼っておくと、
    avgZAwZ_700b

    デザイナー「頼まれたデザインができました。」
    クライアント「10分で終わらせた仕事に、どうしてそんなに高い料金を払わないといけないんだ?」
    デザイナー「10分で終わらせられるよう10年かけて勉強したからです。」 
    ってヤツ。

    勉強に10年かけたから高いというとじゃあ20年やってるデザイナーはもっと高いのか?
    というチャチャを入れる人もいそうですが、
    その仕事に必要な知識やスキルを身に付けるのに掛かった費用や時間が無視されがちなのはよくある話です。

    でもこれって、ガソリンスタンドのバイトだって危険物取扱者の資格があれば時給が上がる(最近のセルフ系は知らんが)し、高卒の初任給より大卒の初任給が高いのは年齢だけじゃなく、それだけの価値(能力)があるハズだ、と言うのと同じ理由なワケです。
    実際の能力差がどうなのかってのはこの際置いとくとして。

    報酬が時間単位から案件単位になっただけのことなんですよね。

    個人的には、誰でも出来る単純作業(=労働)とスキルや知識(あるいは経験)が必要な知的生産(=仕事)が混同されているのが一因で、労働基準法なんかはその最たるものだと思っていたりす(ry

    閑話休題

    私がお仕事にしているパソコンサポートやWEB制作でも似たような話はよくあります。

    特にパソコンサポートなんぞは、知っているか知らないかの差はとても大きくて、知っていれば5分で解決する問題も知らなければ調査や試行錯誤に何時間もかかり、最悪は何日かけても解決できません。
    そういう世界です。

    また、ある程度の知識やスキルのある人であれば簡単なアドバイスで解決できることでも、そうでない人にはアドバイスすること自体が難しいので素直にプロに任せて金払え、という回答になることもままあります。
    もちろんビジネスなので言い方はもっとソフトにオブラートに包んで言いますが、要はそう言う事。


    もうひとつ価格があってないようなサービスにWEB制作、いわゆるホームページの制作があります。

    最近はホームページビルダーとかホームページ制作ソフトや簡単にホームページが制作できるサービスが増え、ホームページ自体がより身近になってきたから余計にかもしれません。

    見た目だけなら、ちょっとデザインのセンスがある素人が作ったホームページの方が格好良く見えることだってあります。悔しいことに。
    もちろん、プロが作ったホームページなら見た目の違いだけでなく、ぱっと見では分からない点などで色々違いがあるワケです。本来は。
    (実際には本当にプロが作ったのか?と言うようなサイトが少なくないのも業界の一員としては困りモノなのですが)

    そんなプロが作るホームページは一体おいくらなのか?
    ここ10年で半値ぐらいまで下がってきてはいますが、それでも最低○十万円からと言うのが相場。
    もちろん内容やその会社のビジネスモデルによっても違うので、ぶっちゃけピンキリです。

    さて、資格取得などでメジャーなヒューマンアカデミーさんにもWeb系のコースがあります。
    その中に「Webクリエイターコース」と言うそのものズバリなコースがあります。
    お値段 385,000円(税込 415,800円) 
    1単位180分で23単位と言うので、1日1単位ずつ受講しても約1ヶ月かかります。

    もちろんもっと安いコースもあったり他校の類似コースはもっと安かったり高かったりしますが、その仕事が出来るようになるまでに掛かった費用の参考にはなります。

    つまり、プロの価値ってのはここがスタートラインなんですよね本来は。
    で、これにセンスやノウハウ(経験)やその他の関連する能力、ブランドなどが上乗せされたものがそのプロの価値、提示する金額のベースになるワケです。

    単純化してしまうと、ホームページを作る際に、自分で上記の予算と時間をかけて勉強して自分で作るのか、同じ予算と納期でプロに作ってもらうのか。
    と言うこと。

    実際には制作する内容とか会社のビジネスモデルとか顧客との関係性とか色々な要因でお値段が決まるワケですが、プロにとって簡単だから単純に安いと言う理由にはならないと言うことなのです。
    どんな仕事でも。

    職人技と言うと大げさですが、すべからく単純労働以外の仕事は「10分で終わらせるためにお金と時間をつぎ込んでいるんだからそれに見合った代価を払え」と言うお話になるワケです。
    そこをどう安く提供するかってのは企業努力の問題であって、それが行き過ぎると現場にシワ寄せががが。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    10年程前に付き合いで作った某銀行さんの口座(個人名義)の通帳が出てきた。それも同じ銀行の同じ支店で2つも。

    最近は法人口座でも複数作ろうとすると煩く言われるのに、やっぱり当時は質より量の時代だったんだな。 絵に描いた餅レベルの事業計画書で融資も意外と簡単に出たし。

    つか、まだ生きてるのかな?コレ。

    キャッシュカードもあるけど暗証番号覚えてないし残高も無いし(口座を作ったときに入れた1000円のままw)何より使ってない。

    元金1000円じゃ10年経っても利息もロクについて無いだろうな。投信に1000円ならよほど下手なファンドでなければ倍にはなってるのに。
    ホント普通預金ほど甲斐のない金融資産は無いね。
    まあ、倍になっても2000円じゃちょっとリッチなランチにしかならないワケだが。
    ちなみに、かに道楽も平日のランチなら2500円ぐらいからで食べられる。
    ランチデートにお勧め!
    とか思いそうだが食べることに夢中で会話がなくなるので付き合って日が浅い場合は要注意だ。
    逆に倦怠期で会話が面倒くさいけどご機嫌はとっておきたい、と言うときにはお勧めだ。昔はよく利用した。

    閑話休題

    法人口座(事業用の口座)は複数作って用途別に使い分ける、と言うのが私のスタンスですが、個人口座はたくさんあっても仕方ない。
    ペイオフ対策で複数の銀行に分けるなら別だが、同じ銀行で複数口座が合ってもね。そもそもペイオフ対策するほど持ってないし(笑)

    よし、今度近くへ行ったときに解約しよう。

    ちなみに、口座を分けるの元ネタはこちら。社長の財布と会社の財布がちゃんと分離できてない事業者には特にお勧めの1冊。

    通帳は4つに分けなさい
    亀田潤一郎
    経済界
    2014-08-01


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    備忘録的メモです。
    何かを習慣化するのに必要な日数について。

    読書や日記、勉強などの
    【行動習慣】 約1ヶ月

    ダイエットや運動、早起き、筋トレなどの
    【身体習慣】 約3ヶ月

    プラス思考や考え方、感情のコントロールなど
    【思考習慣】 約6ヶ月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒するものは知能が足りない。 (作者不詳)

    ネットで見かけて、なるほどと思った言葉。

    ウィンストン・チャーチルが言ったとする説もありますが、正確なところはわかりません。
    でも、左翼を自称する人たちをみると、確かにその通りと思わずには居られません。

    もっとも、日本には反日と反政府主義者が左翼を自称しているだけで本当の意味での左翼なんて居ませんけどね。



      >> 続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このページのトップヘ