日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ: 今日の言葉(名言名句)

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    万策尽きたと思うな!自ら断崖絶壁に立て。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。 (松下幸之助)

    物理的に断崖絶壁に立ってみるというのも、意外と刺激があってオススメです。
    そのまま飛び込みたくなる誘惑と戦う必要があるのでホントに追い込まれているときは注意が必要ですが。

    それはさておき、壁や難題に当たったとき、自らを追い込むことで新たな視点や発想が出てくることも少なくありません。
    背水の陣じゃないけど、やはりリスクをとらない成功は難しいんじゃないかと思います。

    行き詰まりを感じたら敢えて難しい道に挑戦してみる。
    時にはそれもアリなんじゃないかと思います。

    自戒を込めて。

    ちなみに、この言葉は宇宙兄弟の新刊29巻で深いクレーターに降りようとしているムッタがAIロボットのブギーに「勇気の出る言葉はない?」と聞いて返ってきた言葉から。
    宇宙兄弟、面白いですね。
    image



     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。 (ナポレオン・ボナパルト)

    効率よく行動するためには休憩が重要ですが、その休憩をどのように過ごすのかが重要です。

    過労で倒れてしまった休憩では、回復にも時間が掛かるし、何より寝ている間何も出来ません。
    普段の休憩でも、心や身体を休めつつ、次の行動の準備をしながら休むことが、より良い結果に繋がるのです。

    実際には中々難しいですけどね。 
    自戒を込めて。 


     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    山は西からも東からでも登れる。 自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。 (松下幸之助)

    目的地は同じであっても、そこへ至る道は1つではありません。
    手段だって、歩くのか走るのか自転車なのか車なのか飛行機か、いくつもの手段があります。

    人は経験や知識から最適(と思い込んだ)解を選びますが、それが正解とは限りません。
    正解の1つかも知れませんが、唯一の正解というワケではないことの方が多いのです。

    行き詰ったとき、障害に当たったとき、単に諦めるのではなく、別の方法はないか、違う考え方は無いか、探してみると意外に道は開けるものです。

    大事なのは目的を諦めないこと、手段に対して柔軟になること。
    私はそう思います。

    自戒を込めて。



     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    財貨を失うことは、いくらかを失うことだ。すぐに気を取り直して新たに勝ち取れば良い。
    名誉を失うことは、多くを失うことだ。名声を得れば人々も考えを改めるだろう。
    勇気を失うことは、すべてを失うことだ。生まれてこなかったほうが良かっただろう。
    (ゲーテ)

    マンガや小説などで引用されていることも多いので、元ネタは知らずとも1度や2度は目にしたり耳にした事があるんじゃないかと思います。

    ゲーテの有名な言葉です。

    お金はまた稼げば良いのです。
    稼いだお金であれば、同じように2度でも3度でも稼げるはずです。
    親の遺産や宝くじで得たお金なら別ですが。

    名誉を失うことは、まさに多くのものを失います。
    財産だけでなく、名誉を失くすことでお金を稼ぐ力まで失うことも少なくありません。
    名声を勝ち取り名誉を回復しなければなりません。

    しかし、お金を稼ぐにも名声を勝ち取るためにも、再度行動を起こすための勇気が必要です。
    勇気を失うことは、まさにすべてを失うことなのです。

    何度倒れても、たとえ立ち上がるのに時間が掛かっても、勇気の火だけはなくさないようにしたいものです。

    自戒を込めて。



     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    軽薄な人間は運勢を信じ、強者は因果関係を信じる。 (ラルフ・ワルド・エマーソン)
     
    現実の世界では様々な要因が影響するので、単純に物事が進まないことも少なくありません。
    しかし、こうすればこうなるといった因果関係を意識して計画を立てれば、成功する確率を上げることができます。
    また、確率をあげるためには、どのようなものが影響するのか、どう対策すれば良いのかを学ぶことも重要です。

    実際には、経営やビジネスでも、運に任せで仕事をする人は少なくないんですよね。
    確かにそういう人たちには軽薄というか、人としての重みの足りない人が多い気がします。

    自戒を込めて。

    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。


    自己信頼[新訳]
    ラルフ・ウォルドー・エマソン
    海と月社
    2009-01-26

     

    このページのトップヘ