日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 宗教家・教育者

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    私たちは、この世で大きいことはできません。小さなことを、大きな愛をもって行うだけです。 (マザー・テレサ)

    大きな事をやりたい、と言うのは誰しも1度は思い願うことですが、世の中のほとんどの人はそんなたいしたことは出来ません。
    出来るのは目の前のことをコツコツと実行することだけです。
    可能ならば、マザー・テレサの言うように大きな愛を持って。

    それが一隅を照らすということに繋がって行くのだと思います。
    私はそう思います。

    マザー・テレサ
    中井 俊已
    PHP研究所
    2015-12-02

     

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけ。 (マザー・テレサ)

    やるからには成功するに越したことは無いと思いますが、
    成功するかどうかよりも挑戦することが大事です。

    挑戦のないところに成功はないからです。

    私はそう思います。

    マザー・テレサ 日々のことば
    マザーテレサ
    女子パウロ会
    2009-10

     

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    感謝するに値するものがないのではない。感謝するに値するものを、気がつかないでいるのだ。 (中村天風)

    「いただきます」を考え違いしている人が増えているそうですね。
    給食費を払っているんだから給食に子供にいただきますと言わせるのはおかしいとか、飲食店でもお金を払って食べているんだから必要ないとか。
    何年かに1度、ネット系のニュース記事などで話題になるネタなのでただの都市伝説だと思いたいのですが、ホントだとしたらおかしいのはお前らの頭だって話ですよね。

    提供してくれる人や調理してくれる人、食材を準備してくれる農家や漁師や畜産家や流通業者、究極には命を頂くと言う意味での食材そのものへの感謝をあらわすのが「いただきます」と言うこと。
    命を「いただいて」いるのです。
    飲食店だろうが給食だろうが親が作ろうが彼女の手料理だろうが自炊した料理だろうが関係ないのです。

    「いただきます」の例に限らず、私たちの生活や人生は様々な縁によって成り立っています。
    仏法では諸法無我と言いますが、良いことも悪いことも、自分ひとりでは成り立たないのです。
    そこに気付けるかどうかが大事なのです。

    それが天風氏の言う
    感謝するに値するものがないのではない。感謝するに値するものを、気がつかないでいるのだ。 
    と言うことなのだと思います。

    日常生活の中ではつい忘れがちになってしまいますが、時には「感謝する」と言う事について考えてみるのも良いのではないでしょうか。
    私はそう思います。





     

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    成功者は必ず、自分がやりたいことを仕事にしている。 (デール・カーネギー

    成功するためにはどれだけ集中できるかが重要という意味では、やりたいことを仕事にするというのは大切なことかもしれません。
    出来ることとやりたいことが一致しているという幸運が必要な気はしますが。
    少なくとも、嫌いなことを仕事にしていては成功はおろか上達もおぼつかないのではないかと思います。

    仕事好きになる努力、と言うのもときには大事かもしれませんね。


     
     

    この世を動かす力は希望である。やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、農夫は畑に種をまかない。 (マルティン・ルター)

    何らかの希望や期待がなければ人は動きません。
    期待値がどのぐらいであれば行動するのかは、人それぞれですが、まったくの皆無では人を動かすことはできません。
    この世を動かす力は希望なのです。
    その希望が何であるかは別にして。

    ビジョンや理念を語るのも、結局は希望という種を蒔くことに他ならないのです。


     

    このページのトップヘ