日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 宗教家・教育者

    言葉の暴力はとても恐ろしいものです。どんなナイフより鋭く人を傷つけます。 (マザー・テレサ)

    身体の傷と違って心の傷は目に見えないため、どれだけ傷ついているかは他人からは判りません。
    時には本人でさえも気付いてない場合もあります。

    若い頃は、如何に言葉を操って相手の優位に立つか、うまく操縦するかを意識していた時期がありました。
    沈黙は金なり、雄弁は銀なり。
    昔は金よりも銀のほうが価値が高かったから、その通りなんじゃないの?と思っていたりしたワケです。
    若気の至りですね。

    競争から協働へステージがあがると、言葉使い1つが実に重要な重みを持ってきます。
    心したいものです。
     
    自戒をこめて。
     
    マザー・テレサ日々のことば
    マザーテレサ
    女子パウロ会
    2000-06

     
     

    話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。 (デール・カーネギー)

    コミュニケーションスキルの本などを読んでも大体同じことが書いてありますね。
    真実でありながらなかなか実行は難しいものです。

    自戒をこめて。

    人を動かす 新装版
    デール カーネギー
    創元社
    1999-10-31


     

    決してうつむいてはいけない。頭はいつも高く上げていなさい。しっかりとまっすぐ世界を見るのです。 (ヘレン・ケラー)

    名前を知らない人の方が少ないと思いますが、自身も障がい者でありながら障がい者の福祉に尽力した福祉事業家、ヘレン・ケラーの言葉。

    目の前の障害から目をそらしても面倒が無くなりはしませんが、正面から向かい合えば意外と何とかなることが多いものです。
    しっかりとまっすぐ世界を見ていきたいものです。


    このページのトップヘ