日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 宗教家・教育者

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    活用なき学問は、無学に等しい。 (福沢諭吉)

    どんなに学問をしても、それを活かすことが出来なければ学問が無いのと同じことです。
    知識や情報は実践に活かさなければ意味がありません。

    似たような言葉はたくさんありますが、それだけ、知識や情報を集めただけで満足してしまう人が少なくないのでしょう。

    あちこちのセミナーに参加したり様々な情報商材を買い漁ったりしているのに結果が出ない(=学びを実践してない)人は意外と多いものです。

    ノウハウコレクターで終わらない秘訣は、たくさんの学びの中から、まずは1つか2つを選んで実行することです。
    新しく得た学びをすべて実行しようとするから、やることが多過ぎで気が削がれたり、どれもが中途半端になって終わってしまうのです。

    違うセミナーに参加しても、重要なことは繰り返し出てきます。
    繰り返し聞く内容で、出来てないな、と思うことを1つずつ確実に実践していく。
    それが成果を出す近い道ではないかと思います。

    ビジネスであれ日常生活であれ、学問は実際に活かしてこその学問なのです。

    自戒を込めて。




    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    未来は「今、我々が何を為すか」にかかっている。 (マハトマ・ガンジー)

    現在は過去の行動の結果ですが、未来は、現在の行動の結果です。
    過去を変えることは出来ませんが、未来はこれからの選択と行動によって変えることが出来ます。

    望む未来のためには、そうなるように行動しなければなりません。
    言うのは易し、行うは難しですけどね。

    自戒を込めて。


    今こそ読みたいガンディーの言葉 ALL MEN ARE BROTHERS
    マハートマー・ガンディー
    朝日新聞出版
    2011-09-20


     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    リーダーを待つのはおよしなさい。一人で、人から人へと行えばいいのです。 (マザー・テレサ)

    援けを待つのではなく、自ら行動すること。
    それが大事なのだと思います。

    人は、まず自らの、つまり自分自身のリーダーであるべきだからです。
    私はそう思います。 



     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    目的を見つけよ。手段は後からついてくる。 (マハトマ・ガンジー)

    我々は得てしてハウツーやノウハウにばかり気をとられがちですが、何のためにやるのか?
    といった目的を見失いがちです。
    時には、手段と目的が逆転してしまうことすら珍しくありません。

    今の世の中、ハウツーやノウハウの情報は溢れています。
    目的がはっきりしていれば、どうやれば、という手段はいくらでも見つけられます。

    まずは目的を明確にすること。
    それが大事なのです。

    私はそう思います。


    今こそ読みたいガンディーの言葉 ALL MEN ARE BROTHERS
    マハートマー・ガンディー
    朝日新聞出版
    2011-09-20

     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    世の中は辛いことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。 (ヘレン・ケラー)

    生きるのが辛い、 と思うことは正直ないのですが、面倒くさいと思うことは多々あります。

    何が面倒くさいって、息をするのもめんどうくせぇ とか言いたくなるときってありますよね。
    え?ないですか?そうですか…

    藤崎竜氏の漫画版封神演義に出てくる太上老君の怠惰スーツが欲しいと割りと本気で思ってます。
    5eab0e35

    閑話休題

    世の中は色々な面倒なこと、それこそ人によっては死にたいと思うほど辛いこともたくさんあります。
    しかし意外と、乗り越えられない辛さと言うのは少ないものなのかもしれません。

    苦しみの最中にいる人にとっては抜け出せない地獄の様に感じるかもしれませんが、乗り越えてこその安堵や喜びがあるものです。

    自身が盲ろうの障害を持ちながらも、世界各地を歴訪して障がい者の教育・福祉の発展に尽くしたヘレン・ケラーの言葉と思えば、より一層、感じられるのではないでしょうか。

    世の中は辛いことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れているのです。

    私もそう思います。
    自戒を込めて。




    このページのトップヘ