日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > ビジネス書

    貧乏になる男は誰かに「助けてもらおう」と考え、金持ちになる男は「物事を解決しよう」と考える (金持ちになる男、貧乏になる男/スティーブ・シーボルド)

    他力よりも自力、自助努力が大切だと言うことですね。
    もちろん助けが得られるならそれに越したことはありませんが、、、

    成功はたいていの場合、多くの人の助けがあって得られるものですが、はじめから周囲の助けをあてにしていては助けは得られません。
    まず自分自身が行動しなければはじまらないのです。

    頑張ろうとしている人は応援してもらえない。頑張っている人が応援してもらえるのです。

    どうやったらもっと世の中に貢献できるだろうか、時にはそういうことも考えています。
    成果が足りないのは、行動が足りてないのだと思います。
    自戒を込めて。

    金持ちになる男、貧乏になる男
    金持ちになる男、貧乏になる男


    貧乏になる男は「宝くじ」に期待を寄せ、金持ちになる男は積極的に「行動」を起こす (金持ちになる男、貧乏になる男/スティーブ・シーボルド)

    今日は最近寝る前にパラパラと眺めている「金持ちになる男、貧乏になる男」から。

    宝くじそのものを否定する気はありませんが、個人的には宝くじは買いません。
    でもまだ金持ちにはほど遠い今日この頃。じっと手を見る。

    要は運に頼るより行動した方が確率論的に成功する可能性が高いと言うこと。

    個人的には、宝くじ買うお金を投資した方がリターンが大きいと思っています。
    投資といっても金融商品に限らず、勉強でも健康維持などの自己投資でも事業への設備投資でもなんでも構いません。
    宝くじよりはリターンが発生する確率が高いハズです。

    私はそう思います。

    金持ちになる男、貧乏になる男
    金持ちになる男、貧乏になる男


    このページのトップヘ