日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 学者・研究者・発明家

    成果をあげるエグゼクティブは、自分自身であろうとする。 (経営者の条件/P.F.ドラッカー)

    成果をあげるエグゼクティブは、自らの仕事振りと成果を見て、
    「他の人には難しいが自分には簡単にやれることは何か?」
    を考える。
    自分自身を知り、強みを活かす。人は誰しも自分以外の誰にもなれないと言うことです。
    成果をあげる人と言うのは、それを理解している人だと言えます。

    強みとは専門分野に関する知識や実務だけでなく、気質(性格)も重要な要素であるとドラッカーは言います。
    自分が得意なことを、得意な方法で行うことによって成果をあげる。
    つまり、自分自身であることが重要なのです。

    ドラッカー名著集1 経営者の条件
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    2006-11-10

     

    誇りや達成感は仕事と離れては生み出されない。仕事の中から生まれることが重要である。 (現代の経営/P.F.ドラッカー)

    達成感だけであればゲームやスポーツなどの趣味でも得ることが出来ますが、より深い達成感や、誇りを生み出すためには仕事を離れては得られません。
    その仕事が本業であるかどうかはともかくとして。
    そして誇りを生み出すには、何のためにその仕事をしているのか、を意識することが重要なのだと思います。

    私はそう思います。

    ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    2006-11-10

     

    自らをマネジメントするということは、一つの革命である。 (明日を支配するもの/P.F.ドラッカー)

    自分の能力が十分に活かしきれていないと感じる今日のこの頃、自らをマネジメントする、あるいはプロデュースすると言うことがやはり重要なのだと思います。

    そして、自分自身をマネジメントすることは、それまでの自分とは違う自分を引き出す、あるいはその能力を大きく引き伸ばすという意味で、革命に等しいのだと思います。

    しかし、自分をマネジメントするためには自分自身をより深く知らなければなりません。
    それが一番難しいんですけどね。

    日新、日々新、又日新。


     

    成果をあげている者はみな、成果をあげる力を努力して身につけてきている。 (経営者の条件/P.F.ドラッカー)

    経営者の条件の「まえがき」から。

    ドラッカーによれば、生まれつき成果をあげる人間などはいなくて、成果をあげている人はみな努力して成果をあげるための力を 身につけてきた人だと言っています。

    つまり、天才でなくても、努力次第で成果をあげるための能力を身につけられるのです。
    心強い言葉ですね。
     
    必要な努力の量に程度の差はありますが、自分は天才ではないから、とあきらめる必要はないと言うことですね。
    もちろん、努力の内容が正しい方法である必要はありますが。 
     

    ドラッカー名著集1 経営者の条件
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    2006-11-10


    99%の汗ばかり強調されている。99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときなのだ。 (トーマス・エジソン)

    天才とは1%の閃きと99%の汗である、と言ったエジソンの言葉。
    汗(努力)ばかり強調される風潮に違和感を覚えて発した言葉だそうです。

    確かに、努力は必要条件だけど、十分条件じゃないですもんね。

    特にクリエイティブな仕事は、最初の直感(閃き)が来ないといくら時間を掛けても良いものは作れません。
    直感ももっと大切にしたいものです。
     
    壁をブチ破る天才100の言葉
    山口 智司
    彩図社
    2008-03-26

     

    このページのトップヘ