日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 学者・研究者・発明家

    狂気とは、同じ事を繰り返し行いながら、違う結果を予期すること。 (アインシュタイン)

    同じ事を繰り返しながら、結果が良くなることを期待するのは、宝くじに期待するよりも愚かなことだと言えます。
    この言葉通り、まさに狂気といっても良いかもしれません。
    違う結果を望むなら、行動を変える必要があるのです。自戒を込めて。

    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31

     

    誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。 (アルベルト・アインシュタイン)

    自分に愛が向けられないことを不満に思う人ほど、相手に向かって「あなたは自分のことしか考えてない」と言うのです。
    他の誰かに向かっているかもしれないと言うことは考え付きもしないかのように。

    それでも、利他の精神こそが幸せへの道なのだと思います。
     
    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31

     

    一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。 (アインシュタイン)

    我々は誰しも、ときに人生の意味を見失うことがあります。
    むしろハッキリとした意味や使命感を持って生きている人の方が少数派かもしれません。
    しかし、 一つの意味もないということはあり得ないのです。

    例え今はそれが見えなくても。
    私はそう思います。

    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31

     

    人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。 (アインシュタイン)

    求める側よりも、与える側になりたいものですね。
    色々と。

    日に新たに、日々に新たに。
     
    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31

     

    間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ。 (アインシュタイン)

    間違いや失敗はしないに越したことはないですが、だからと言って間違いや失敗を恐れて何もしないのは間違いや失敗を犯す以上に愚かだと思うのです。

    私はそう思います。

    アインシュタイン150の言葉
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1997-03-31


     

    このページのトップヘ