日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 音楽家・芸術家

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。 (ドリー・パートン

    虹は通常、雨の後でなければ見ることは出来ません。

    成功や幸福の前にはそれに見合った困難や試練があるものです。
    困難が大きいほど、乗り越えたときの喜びも大きくなります。

    多くの人にとって虹を見る喜びはそんなに大きなことではなくちょっとした喜びかもしれません。
    しかし、虹を見るのに必要な雨もまた、激しい豪雨ではなく、ちょっとした面倒程度のことなのです。

    虹を見るには、ちょっとの雨を我慢すれば良いのです。

    私はそう思います。


    エッセンシャル・ドリー・パートン
    ドリー・パートン
    BMG JAPAN
    2005-12-21


    愛とは、育てなくてはいけない花のようなもの (ジョン・レノン

    恋は訪れ去っていくもの、愛は芽生え育てるもの。
    恋に落ちるかどうかは外的要因ですが、愛が育つかどうかはお互いの努力によるところが大きいのです。

    私はそう思います。

    レノン・レジェンド
    ジョン・レノン
    ユニバーサル ミュージック
    2014-12-03

     

    金がないから何もできないという人間は、 金があってもなにも出来ない人間である。 (小林一茶)

    お金に限らず、○○がないから出来ないと言う人は、それが手に入っても別の何かが足りないと、何のかのと理屈をつけて結局はやらないのです。
    何かをやろうと思ったら、まずは言い訳をやめることです。
    私はそう思います。





     

    私に出来るのは、私が出来ることについて、私が出来るベストを尽くすこと。 (スティービー・ワンダー)

    自分に出来ないことをあれこれ悩んでも仕方ないのに、どうしようと悩んでいる人は多い気がします。
    能力的なものはもちろん、権限的なものも含めて。

    まずは、自分が出来ること、やるべきことについてベストを尽くすのが、結局は一番の近道ではないかと思います。
    私はそう思います。

    自戒をこめて。

    壁をブチ破る天才100の言葉
    山口 智司
    彩図社
    2008-03-26

     

    ええ、天才というものがあるとすれば、私は天才です。 (ジョン・レノン)

    ジョン・レノンがインタビュアーに「あなたは自分を天才だと思いますか?」と聞かれて答えたセリフだそうです。

    学生時代、大学に入るまでは私も自分を天才だと思っていました。
    英語以外の科目は小3で中3までの内容を独学で終わらせてましたし、スポーツも万能。

    小4のとき公文式に行かされたときも余りのつまらなさに2日でやめてしまいました。
    大学も工業高校から一般入試で受験しましたが、受験勉強はたったの2ヶ月で合格。
    自分を天才だと思うには十分だと思っていました。

    でも、上には上がいるんですよね。
    大学に入って学べば学ぶほど、自分のレベルが上がれば上がるほど、ドラゴンボールで次々と新たな強敵が出てくるようにどんどん凄い人が現れるんです orz

    何をやっても一流にこなせるけど、超一流にはなれない。
    そんなジレンマに陥った大学時代でした。

    なのでプロフィールにも書いているように最近は『どちらかと言うと天才』と言う事にしています。
    まあ、半分はネタですが(笑)
    元ネタがわかる人だけニヤリとしておいてください。

    歳をとるとなかなか自分を「天才です」とは言えなくなりますよね。
    サウダーデな気分。

    人生を奮い立たせるアウトロー100の言葉
    人生を奮い立たせるアウトロー100の言葉 [単行本]
     

    このページのトップヘ