日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 軍人・戦国武将・侍

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて進め。 (ナポレオン・ボナパルト)

    準備は十二分に行い、実行に移すときは迷わず行うべき。

    成功の鍵は段取八分と実行力なのだと思います。
    私はそう思います。




     

    ブログネタ
    朝礼ネタ一言集 に参加中!
    お前がいつか出会う災いは、 お前が疎かにしたある時間の報いだ。 (ナポレオン・ボナパルト)

    たいてい、手を抜くと後でより面倒になって返って来ます。
    面倒の芽は小さいうちに摘んでおくべきなのです。

    わかってはいるんですけどね。

    最近、論語とか13の徳目とか若き商人への手紙とか、いわゆる修身系の古典を読み直しているのですが、
    その度に我が身の至らなさに凹むばかりです。
    最初に読んだ学生の頃には気にもならなかったのに、、、

    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。


     

    おもしろき こともなき世をおもしろく 住みなすものは 心なりけり。 (高杉晋作)

    高杉晋作の辞世の句。
    素直に読めば、何事も心持次第、 と言うことなのでしょうか。

    高校時代に好きだった言葉です。
    何故だかふと思い出してしまいました。

    法律の半分は妬み嫉みで出来ています。
    この規制だらけでツマラナイ世の中も心持次第では面白く出来るのでしょうか?

    高杉晋作(上) (講談社文庫)
    池宮 彰一郎
    講談社
    1997-09-12

     

    諌めてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。 (徳川家康)

    人の上にたつ者にとって、裸の王様になってしまうことほど危険なことはありません。
    耳に痛いことを言ってくれる部下や友人こそ大切にしなければいけません。

    部下がいない個人事業主や、手遅れで周りにイエスマンばかりが集まってしまったときは、外部のコンサルタントを雇うなどして、自分を客観的にチェックする習慣を作る必要があります。

    もっとも、最近はコンサルタントの中にも耳障りの良いことしか言わない人が増えていますが。




     

    不自由を常と思えば不足なし。心に望みおこらば、困窮したるときを思い出すべし。 (徳川家康)

    似たようなセリフは多くの人が言っていますが、本日は徳川家康の言葉から。
    足るを知るべし、と言うところでしょうか。

    徳川家康も地味に名言が多いんですよね。


    NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第壱集 [DVD]
    滝田栄
    ジェネオン エンタテインメント
    2006-04-21

     

    このページのトップヘ