日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

名言・故事・名セリフと駄文をお届けするIT経営コンサルタント川上賢人のブログ。自称『どちらかと言えば天才』がちょっと格好良い事とかを書いてみるチラシの裏。

    カテゴリ:今日の言葉(名言名句) > 作家・詩人

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    備えよ。たとえ今ではなくともチャンスはいつかやって来る。 (シェイクスピア)

    チャンスはやってきますが、いつやってくるかはわかりません。
    そのため、常に備えておく必要があるのです。
    準備が出来ていなければ、チャンスが来てもチャンスと気付かない可能性もあります。

    そして、多くの人がチャンスに気付かず後から「ああしておけば良かった、こうしておけば良かった」と愚痴をこぼすのです。

    チャンスだけでなく、危機に対しても普段から備えておくことが大切です。
    備えあれば、ピンチをチャンスにすることが出来ます。

    私はそう思います。

    シェイクスピア 人生の名言
    佐久間 康夫
    ベストセラーズ
    2016-01-26

     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    今日始めなかったことは、明日終わることはない。 (ゲーテ)

    簡単なことであれば、明日始めて明日中に終わるかもしれません。
    しかし、本当に重要なものはその日1日で終わるということは少ないものです。

    1日で終わるハズの作業でも、予想外の手間や予定外の出来事でスケジュール通りに行かないことも少なくありません。

    今日やり始めていなければ、明日には終わらない可能性の方が高いのです。 
    何かを成し遂げようと思ったら、出来るだけ早く、今日からそれを始めなければなりません。

    私はそう思います。
    自戒を込めて。 

    ゲーテ格言集 (新潮文庫)
    ゲーテ
    新潮社
    1952-06-27

     

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    休息とは回復であり、何もしないことではない。 (ダニエル・W・ジョセリン)

    休むことも重要なことです。

    長距離を運転する際のコツは、疲れを感じる前にこまめに休憩をとることです。
    以前テレビでやっていた実験によると、1時間毎に5分の休憩をとる方が、2時間運転して10分の休憩をするより疲労が少ないそうです。
    つまり、疲れを感じてからでは遅く、疲れを感じる前にこまめに休憩を取るのが長距離を安全に運転するコツなのです。

    普段の生活や仕事でも同じです。
    疲れを感じる前に十分な休息を取ることが大切です。疲れを感じてからでは遅いのだから。
    少しでも体調が悪いとき、疲労が溜まっていると感じたときは出来るだけ早めに休息を取ることです。

    休息は無為に過ごすことではなく、効率よく活動するために体力を回復させることなのです。 

    ちなみに、 ダニエル・W・ジョセリンの言葉としてネット上でたくさん出回っているのですが、ダニエル・W・ジョセリンが何者なのかの情報が見つけられませんでした。
    作家さんらしいのですが。 


     -shared-img-thumb-ELL88_nonbirikapibara20140603_TP_V

    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    どうとでもなれ、どんな大嵐の日でも時間は経つ。 (ウイリアム・シェイクスピア)

    何をしても、しなくても、時間というのは経っていきます。
    集中して仕事をしているときでも、気分が乗らないときでもです。

    どうしてもテンションがあがらないときもありますよね。
    時にはあきらめや開き直りも必要なのではないかと思います。

    だって、そんな日もあるよね。




    ブログネタ
    ビジネスに活かす名言・格言・名セリフ に参加中!
    我々はつねに自らを変え、再生し、若返らせなければならない。さもなくば凝り固まってしまう。 (ゲーテ)

    物事を維持するためには変化し続けることが必要です。
    世の中のすべては変化します。
    変化しないものはいずれ崩れ、忘れ去られてしいます。

    人においても同じなのです。
    日々、自らを変革させ、精神を再生し若返らせなければならないのです。

    私はそう思います。

    日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。


    ゲゲゲのゲーテ (双葉新書)
    水木 しげる
    双葉社
    2015-12-16


    このページのトップヘ