友よ、逆境にあるときは、つねに、こう叫びなさい。「希望がある、希望がある、まだ希望がある」と。 (ヴィクトル・ユーゴー)
 
「未来」というのは、いくつもの名前をもっている。

弱き者には「不可能」という名。

卑怯者には「わからない」という名。

そして勇者と賢人には「理想」という名がある。

そして理想がある限り、そこにはきっと希望があるはず。
私はそう思います。

さあ、叫ぼう。
「希望がある、希望がある、まだ希望がある」 
と。

思考は現実化するのだから。

bg