以前からいつか機会があればとうかがっていたAmazonについに出品してみました。
と言うことで出店までのメモです。

まず、Amazonには大口出品と小口出品があります。

手数料とかいろいろ違いはあるのですが、一番の違いは

オリジナルの商品が出品できるかどうか

だと言えます。

すでにAmazonで売られている商品、商業出版されている本、CDや家電など、そこらのお店で売られている、すでに世の中にある商品。
いわゆる型番商品を売る場合は小口出品で出店することが出来ます。

基本、自社のオリジナル商品は取扱できません。一般流通している商品でも、すでにAmazonで売られている商品で無いと取り扱いできません。

せどり(転売ビジネス)をやるのであれば小口出品で十分ですが、中小企業が自社のオリジナル商品を出品しようとすると大口出品を利用する必要があります。

ちなみに、大口出品と言う名称ですが商品点数は1点から利用できます。
Amazonの販売手数料は地味に高いので、よほど粗利が大きいか十分な販売個数が多くないとマイナスになりかねませんが。

まあ、もし売れなくても自社商品がAmazonで売っていると言うブランドイメージ作りの投資として割り切るのであれば、月々数千円の出費ならそういう経営判断もありだと思います。

さて、Amazonでオリジナル商品を売るためには、JANコードの取得が必要になります。
一般にはバーコードといった方が通りが良いかもしれません。
商品にJANコードが設定されていないと、アマゾンに出品することが出来ません。

また、食品やDVDなど一部の商品は、JANコードだけでなく、Amazonへの申請(審査)が必要な商品もあります。
食品とかオリジナルのDVDとかはチェックが多くて面倒くさい。

自社で製造販売している商品であればブランド申請すれば済むのですが、OEM商品や委託商品の場合は、製造元や委託元とのAmazonでの独占販売権があることのわかる契約書の写しの提出などが必要なのでひと手間掛かります。
・・・そんな項目入ってなかった orz
と言うことで、本来の目的の商品は追加の契約書の作り直しで一旦ストップ。

とりあえず、契約書の作り直してる間にお試しで自社商材でもある

パソコンサポート作業報告書兼検収書



を出品してみました。

以前『30円でパソコンサポートの客単価を3倍にする魔法のツール』で紹介した複写伝票です。
宣伝してないのに地味に注文があるんですよね(^^;

とりあえず、もう少し商品点数増やしたいな。