成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。 (アインシュタイン)

マズローの5段階欲求説の、6段目、
最近、自己実現の次にこれがあるんじゃないかと言われ始めている「コミュニティの発展」

あるいは7つの習慣の、
実はもうひとつあったんだよ第8の習慣「偉大さ(情熱を持って貢献を行う)」

成功を「自己実現」とすれば、奉仕は「(コミュニティなど大なるものへの)貢献」と言うことで違和感無く理解できそうです。
コミュニティの発展も偉大さも言われ始めたのは近年の話ですが、アインシュタイン博士は何十年も先を見通していたのかもしれません。

そう言えば、先日読んだドラッカーのイノベーションと企業家精神に、知識のイノベーションは社会に浸透し受け入れられるまで時間が掛かると書いてありました。
アインシュタインのこの発見?も社会に浸透するまでに時間を要したと見ることも出来そうです。

私も、クライアントに奉仕できる実践型のコンサルタントでありたいと思っています。
日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。

アインシュタイン150の言葉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
1997-03-31



 
ブログネタ
朝礼ネタ一言集 に参加中!