昔むかし、まだ十代前半の頃、今で言う中二病真っ最中の頃ですね。
もともと中三までの勉強は(英語以外は)小三の頃に独学で済ませていたほど知識欲に貪欲で、仙道とか密教とか、今で言うスピリチュアルなジャンルに傾倒して能力開発にハマっていた時期がありました。

その甲斐あって(?)、高校受験は無勉強、高校在学中に国家試験に合格、大学受験にも受験勉強2ヶ月で合格するなんて荒業が出来たりしたワケです。

身につけた能力を大雑把に言うと
・速読術
・記憶術
・脳生理学(による脳の活性化術)
です。

最近の受験では内申書の方が重要だったり、知識勝負では解けない問題が増えてたりするそうですが、資格試験などではまだまだ使えそうです。

速読術と記憶術については、ググるといっぱい出てくるので割愛。
アマゾンでも関連書籍がたくさんあります。

と言うことで、それ以外の能力開発メソッドを、気が向いたときに少しずつ書いていきたいと思います。

それはさておき、ARMS面白いよね。
年に1~2回、読み直したくなります。