苦しむこともまた、才能の一つである。 (ドストエフスキー)

物事に対処しようとする能力があるからこそ、苦痛を感じることになるのです。
才能がなければ、不快感を苦痛だと思うことはあっても、本当の意味で苦しむことは出来ないのではないかと思います。




ブログネタ
朝礼ネタ一言集 に参加中!