久しぶりのITネタ。ちょっともやもやしているので最近思ったことを書き殴ります。

ビジネスのホームページ(ウェブサイト)を作るなら、

タイトルは「キーワード+会社名(サイト名)」が基本
キーワードの羅列だけとか、そもそもタイトルが未設定とか論外。

Descriptionは必ず設定するべし
Googleが検索順位に影響しないと言っているが、検索結果の紹介文(説明文)としてDescriptionが表示される。
せっかく上位表示されてもクリック(訪問)してもらえなければ意味が無い。キーワードの羅列もやめれ。

店舗や事業所のサイトなら住所と電話番号はテキストで書くべし
最近のアクセスデバイスはスマホやタブレットが主流。飲食店などの店舗サイトなら5割以上、通常の事業所のウェブサイトでも3割以上がモバイル端末からアクセス。
テキストなら電話番号をタップして発信したり住所をコピぺして地図を開いたりが簡単にできる。それがユーザビリティと言うもの。
見た目のデザインにこだわって画像だなんてナンセンス
そもそも画像だと検索に掛からないんだよ。

RSSを吐かせるならきちんとUTF8にしておくべし
文字化けしたRSS情報なんて意味が無いどころか迷惑。

ブラウザによってはサイト自体が文字化けしてるとかもう論外of論外。何年前に作ったホームページなんだと小一時間(ry

個別の解説はそのうち別ブログで書くかも。

ビジネスのウェブサイトに必要なのはデザインの派手さ格好良さではなく、ユーザーが必要としている情報が載っているか、その情報に判りやすくアクセスできるか。
本来はそれも含めてのデザインのハズなのに、見た目だけに偏ってるWEBサイトが多い。
見た目が重要じゃないってワケではないし、見た目が格好良ければもちろんその方が良いに決まってる。

だがしかし、ユーザーが欲しい情報に簡単にアクセスできないなら見た目のデザインの良さなんか意味が無い。
結果が必要な中小企業のホームページならなおさら。

個人が頑張って作ったページなら「残念」で済むけど、プロのWEB制作会社(個人事業含む)が作っているハズなのに今書いた基本が出来てないサイトが意外に多くてふるえるw

c7fa94e70d88ce605fe01bc8b251c22a_s