大国を治むるは小鮮を烹るが如し (老子)

小鮮と言うのは小魚のことで、小魚を煮るときは、やたらとかきまぜたり突いたりすると形が崩れてしまうし、味も落ちてしまいます。
国を治めるときは、あまり細かいことに口を出さず、民間に任せたほうがうまく治まる、ということ。どっかの国の役人に聞かせたいものです。

それはさておき、国だけでなく、会社などの組織の運営にも同じことがいえます。
社長が従業員の箸の上げ下ろしにまで口を出すような会社は、社長の力量以上には伸びません。
大要を示し、細かいところは従業員に任せることが重要です。

実際には、大要を示さず細かいことばかり言っている経営者が少なくないのですが。
社長や管理職といったリーダーは、大きな視点で自分や組織を俯瞰することが大切です。