涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の本当の味はわからない。 (ゲーテ)