企業の目的として有効な定義は1つしかない。顧客の創造である。 (P.F.ドラッカー)

ドラッカーを読んだり聞いたりするとき必ずといって良いほど出てくるのが『顧客の創造』です。
おそらく、ドラッカーの中心的な主題の1つなのだと思います。
新規客の開拓はもちろん、利用していただいたお客様にリピートしてもらうことも含め、如何に自社の顧客を作り上げるか、それが企業の定義だと言う事です。

「誰」が「何に困っているか」を見つけ、それを(自社の強みによって)解決する。
さらにそれをコンセプト化することが出来れば、ビジネスとして成功する可能性が高くなります。

理屈は簡単ですが、実践するのは難しいんですよね。
日々新又日新
 
ドラッカーが教える 実践マーケティング戦略
ドラッカーが教える 実践マーケティング戦略 [単行本(ソフトカバー)]