パッとしない人間に二種類ある。 言われたことが出来ないタイプと、言われたことしか出来ないタイプだ。 (サイラス・ハーマン・コッチュマー・カーティス)

どっかの居酒屋のトイレで見かけて、なるほどと思った言葉です。

言われたことすら出来ない奴はパッとしないどころじゃない気もしますが、言われたことしか出来ない奴は確かにパッとしませんね。
戦闘員にはなっても怪人や幹部にはなれません。

こう言うのは認識(力)の問題ですが、自分を客観視できない、意識のベクトルが自分にしか向かない人に多いような気がします。
特徴と捉えるか欠陥と捉えるかは立場に拠ると思いますが、サービス業には向かないですね。
手順やルールを細かく設定、指示する事で多少は改善することが出来ますが、人材育成的には、経験上あまり甲斐が無いことが多いです。

乱暴な言い方をすれば、道端の石はいくら磨いてもダイヤやルビーにはならない、と言うことです。
もちろん、適材適所で使えば漬物石や置石にはなりますが。

閑話休題

自己投資と言うのは読書や勉強、セミナーだけではありません。
どの様な意識(マインド)を持つか、と言うのも重要だったりします。

上司やクライアントの欲するところを察して、準備や手配を行なう。
言うは易し、行なうは難しですが。
ただ、そういう意識はもって行動したいものです。

意識して行動していれば徐々にでも身に付きますが、意識しなければ身に付くことはありません。
日々新又日新
 
ちなみに、サイラス・ハーマン・コッチュマー・カーティスと言うのは米国の編集者さんらしいです。

社長のための人材錬金術 ダメな奴でも「たたいて」使え!~ゴトー式 人の使い方・活かし方
社長のための人材錬金術 ダメな奴でも「たたいて」使え!~ゴトー式 人の使い方・活かし方