あらゆる組織が、自らの事業についての定義をもたなければならない。 (P.F.ドラッカー/『チェンジ・リーダーの条件』実践するドラッカー事業編より)

ビジネスとしての軸を持つ上でも、自らの定義をもつことはとても大事です。
それは経営理念や営業方針にも繋がっていきます。

難しいですけどね。

年に何度かは、日常の業務から離れて自らの事業についてじっくり考えてみることも必要だと思います。
個人事業でも法人でも、事業規模にかかわらず。


ちなみに、私の経営する『リアルシンク』は、「常に考える」あるいは「現実的な思考」と言ったイメージで、お題目や理屈で終わらないコンサルティングを提供したいとの想いから付けた名称です。

中学・高校の頃からIT畑の出身だったこともありますが、現在のコアは『パソコンサポート』。
サービス的には「パソコンのトラブル解決」が中心ですが、導入から運用、利活用のアドバイスまで、幅広くサポートしています。

弊社にとっての『パソコンサポート』を定義するなら、『ICTの利活用(の支援)を通じて、社会生活の向上をお手伝いすること
それが我々の使命であり、弊社の事業の定義だと言えます。
単なる「パソコン」のサポートではないのです。

リアルシンクの経営理念は『ITをもっと身近に、もっと便利に』
パソコン(=ネット)を上手に活用することで、プライベートもビジネスも、もっと充実したものすることが出来ます。
一人一人の生活やビジネスが充実すれば、社会はもっと良くなります。
そのお手伝いをすることで社会生活の向上に貢献したいと考えています。

現在の売上の大半を占める某大手家電量販店さんからの委託業務(下請業務)に関してはITから多少ズレる業務もありますが、基本はこの『パソコンサポート』をどの様に提供していくか、を中心に事業展開を考えています。

もちろん、ITを活用するためにはIT以外の知識や経験も重要です。特にビジネスでは。
まだまだ勉強の日々は続きますが、学んだ知識や経験を少しでも多くのクライアントさんとシェアしてお役に立てればと思っています。

「パソコンサポート」自体まだまだマイナーなビジネスですが、「パソコンサポートと言えばリアルシンク」と言われるような貢献を目指して。
日に新たに、日々に新たに、又日に新たなり。 

実践するドラッカー【事業編】
実践するドラッカー【事業編】