貧乏になる男は読書を「娯楽のための活動」と考え、金持ちになる男は読書を「成功のための準備」と考える。 (金持ちになる男、貧乏になる男/スティーブ・シーボルド)

娯楽と自己啓発を兼ねた読書が出来れば、それに越したことは無いんじゃないかと、私は思います。
が、成功しない人はそもそも本を読まない人なんですよね。

娯楽のためであっても、本をよく読む人はそれだけで本を読まない人よりは成功に近い位置にいます。
読書をどの様に捉えるかで、読書で得た知見をより成功に活かしやすくなると、そういうことだと思います。

読書、してますか?

金持ちになる男、貧乏になる男
金持ちになる男、貧乏になる男