人生は義理と打算である。ただし、順番を間違えてはいけない。 (元ネタ不明)

アニメだか映画だか忘れましたが、子供の頃に耳にしてずっと残っている言葉です。
うろ覚えなので正確な文言ではないと思います。
元ネタに心当たりのある方、情報をお待ちしております(笑)

たぶん、元ネタの元ネタは渋沢翁の論語と算盤だと思うのですが...

閑話休題

義理だけじゃ世の中食べては行けません。算盤が重要です。
しかし、算盤だけで義理を忘れるようでは人として生きていく価値がない。
そんな意味のセリフだった気がします。

義理と打算(算盤)が両方立つなら、どちらを重視するかはたいした問題ではないと、私は思います。
比重はどうあれ、両方が満たされるなら一石二鳥で大円団です。きっと。

義理と打算が両立できないとき、どちらを重視するのか。
そこがその人の人間性なのだと思います。

『義理と打算』
私の好きな言葉です。ただし、順番が大事なのだと、私はそう思います。

そして、義理でも打算でもないところに『仁』があるのだと、私はそう思います。
今年を振り返りながら、今日はそんなことを考えてしまいました。

仁に生きる人生も素晴らしいと思います。
誰にでも出来ることではありませんが。

たまに行なう仁も、と言うかたまにだからこそ、広言するようなコトではありません。
とりあえず、『そいつは俺の趣味だ』と言うことにしておきます。
 
マンガ 孟子・大学・中庸の思想 (講談社プラスアルファ文庫)
マンガ 孟子・大学・中庸の思想 (講談社プラスアルファ文庫)