貧乏になる男は誰かに「助けてもらおう」と考え、金持ちになる男は「物事を解決しよう」と考える (金持ちになる男、貧乏になる男/スティーブ・シーボルド)

他力よりも自力、自助努力が大切だと言うことですね。
もちろん助けが得られるならそれに越したことはありませんが、、、

成功はたいていの場合、多くの人の助けがあって得られるものですが、はじめから周囲の助けをあてにしていては助けは得られません。
まず自分自身が行動しなければはじまらないのです。

頑張ろうとしている人は応援してもらえない。頑張っている人が応援してもらえるのです。

どうやったらもっと世の中に貢献できるだろうか、時にはそういうことも考えています。
成果が足りないのは、行動が足りてないのだと思います。
自戒を込めて。

金持ちになる男、貧乏になる男
金持ちになる男、貧乏になる男