パソコンのトラブル解決なら岡山で1番のパソコンサポートの会社を経営しているIT活用コンサルタントの川上です。
facebookページのノートに書いた記事ですが、せっかくなのでこちらにも投稿しておきます。

ここまでIT経営の状況をチェックする6つのカテゴリ
  • 導入(環境整備)
  • 運用・保守
  • セキュリティ対策
  • 業務ソフトの活用
  • ネットの活用
  • IT推進体制(人材育成)
それぞれのチェックポイントを簡単に紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?
 
IT経営を始める場合、単にパソコンやソフトを導入するだけでは『IT経営』としての効果は得られません。
売上の向上なりコスト削減なり、経営に活かすことが出来、継続的に成果を得られてはじめて本来の『IT経営』だと言うことが出来ます。
判りやすくするために6つのカテゴリに分類してチェックすべき内容を述べてきましたが、6つのカテゴリはそれぞれ他のカテゴリと連動したり影響しあっています。
1つのカテゴリだけをチェックして『出来ている』と思っても、他のカテゴリの内容がさっぱりでは、それは単に『会社でパソコンを使っている』のと変わりありません。
 
例えば、セキュリティ対策には導入計画が重要ですし、セキィリティを高めるためにはパソコンを使うスタッフの教育や、セキュリティ環境を維持するには運用・保守も大切です。
IT環境と言うのは継続的にチェックし、適切な状態を維持することが大切です。
NTT西日本さんのTVCMじゃないけど「それっきりIT」じゃダメだと言うことです。
 
そして、6つのカテゴリをうまく連携させるには、自社の経営方針や経営計画、いわゆる『経営戦略』をしっかりと意識することが大切です。
経営戦略、つまり『将来的にどうしたいと言うビジョン』がなければ場当たり的なIT導入(投資)で終わってしまうことが多く、本来の効果を発揮できない可能性が高くなります。
 
中小零細企業ではまずパソコンやソフトの導入など、現場レベルから徐々にボトムアップ的にIT化を推進していくことが一般的です。
そのため、今どこまで出来ているのか、次に何をすれば良いのか、が判りにくいことが多い様です。
この6つのカテゴリをチェックし、不足しているところを対策していくことで、ボトムアップなアプローチでもある程度のIT経営を実行することが可能になります。
 
6つのカテゴリのチェックポイントまとめ
  • パソコンの台数は必要な人に必要な台数がありますか?
  • インターネットやメールは利用していますか?
  • ネットワーク(LAN)は構築していますか?
  • パソコン、プリンタ、ネットワーク機器等の管理台帳は作成していますか?
  • トラブルが起きた時の対応手順や担当者は決まっていますか?
  • 定期的な環境のチェックは行っていますか?
  • すべてのパソコンにセキュリティ対策ソフトは導入されていますか?
  • バックアップ対策は行っていますか?
  • 無線LANなどを利用している場合、暗号化などのセキュリティ設定は行っていますか?
  • 業務ソフトは導入していますか?
  • 業務ソフトのOS対応、法令対応は大丈夫ですか?
  • 業務ソフト製品寿命を意識した運用を行っていますか?
  • ビジネス(取引先や顧客とのやり取り)にメールを利用していますか?
  • ホームページやブログはありますか?
  • SNSは活用していますか?活用の仕方は間違えていませんか?
  • IT担当者は決めていますか?
  • ITやセキュリティに対する研修は行っていますか?
  • IT投資の成果をチェックする仕組みはありますか?
あなたの会社のIT経営の達成度は如何ですか?