岡山で1番のパソコンサポートの会社を経営しているIT活用コンサルタントの川上です。
 
前回の投稿からずいぶん間が空いてしまいましたが、ホームページを外注する前にチェックしたい4つのポイントの(後半)です。
 
まずは復習。ホームページ制作前にチェックしたい4つのポイントとは
  • ホームページの目的
  • 期待する効果
  • 運営について
  • サーバの選択
の4つです。
前回、ホームページの目的について書いたので、今回は残りの3つについて簡単に書いてみます。
期待する効果
ここでいう効果とは、ホームページを作ったことによる『期待する結果』です。
なるべく客観的に評価できる指標を設定しておいた方が良いでしょう。当然、目的と結果は対応している必要があります。
通販サイトを作ったのにアクセス数がいくらあるかを期待してもダメだと言うこと。通販サイトなら期待する結果はいくら売れたかのハズです。
 
『期待する結果』によってホームページの内容や作り方は大きく違ってきます。
内容や作り方が違えば当然、費用にも影響してきます。
もちろん、効果を計測するための仕掛けも必要です。ホームページの効果が測定できないと、改善や運営を効率的に行うことができません。
また、ホームページの効果は内容によってすぐに結果が期待できるものと、開設後の運営が重要なものとがありますので、色々な視点からの評価をポイントを設定しておくことも必要です。
 
 
運営について
ホームページは作って終わりではありません。
電話帳代りの、作って終わりのとりあえずのものであれば作って終わりでも良いのですが、そうでないのなら、その後の運営が重要になってきます。
 
気になる商品やサービスがあってホームページを検索してみた。
更新が何年も前で止まったまま。
世界中でそのお店でしか取り扱ってない特別な商品でもない限り、そこで注文したりわざわざ問い合せをしたりはしないでしょう。
また、定期的に更新されているホームページは、SEO的にも高い評価を得られます。
キーワードや外部リンクにこだわる前に、まずはこまめに更新を行うことが重要です。
 
ホームページを外注する際、運営(更新)のサポートはあるのか、その費用や条件、サポート内容はどうなっているのか確認する必要があります。
自社で運営(更新)を行う場合、更新が簡単に行える作りになっているのか、自社に更新を行えるスタッフがいるのかなどもチェックする必要があります。
 
 
サーバについて
ホームページをインターネットに公開する際、必ず『ホームページを載せる(データを置く)場所』が必要になってきます。
この、ホームページ(のデータ)を置いておく場所がサーバです。

このサーバは、制作会社の方で指定してくる場合もあれば、自分で用意したサーバにデータを置いてくれる業者もいます。
どちらの場合でも通常、ホームページの製作費とは別に費用が発生します。
サーバの値段も、サーバの性能や機能、契約内容によって様々なので、事前に確認が必要です。
 
以上、ホームページを制作する前にチェックしたい4つのポイントをご紹介しました。
参考になれば幸いです。


この記事はfacebookページのノートで書いた記事の要約です。
詳細(全文)はfacebbokページのノート「ホームページを外注する前にチェックしたい4つのポイント (後半)」をご覧ください。